• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

平均血圧値を指標にする理由を教えてください!

患者さんの循環管理をするとき、最高血圧や最低血圧でもなく、平均血圧の値を指標にするのはなぜなんでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 7 人中 7 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. neighbor4088 2016/05/14 17:08

    血圧は、左心室が血液を駆出したときの圧力で、動脈壁の収縮・拡張による進展で血液を末梢側に送っています。この圧力は、収縮期の直前で低下して、このときの最低血圧をDBP(diastolic blood pressure)といいます。一方、収縮期に駆出した最高血圧はSBP(systolic blood pressure)といいます。これらの動脈血圧は心周期により変動するので、圧に応じた動脈壁の進展から、橈骨動脈で触知することができます(←これが脈拍)。脈拍をつくる圧の差、つまりSBPとDBPの差を脈圧といい、脈圧は心臓から近い動脈(中枢の動脈の硬さ)の指標とされています。
    平均血圧:MAP(mean arterial pressure)は、常に動脈に加わっている圧力の平均値で、臓器血流の指標とされています。観血的動脈ラインを挿入している場合は、脈波の面積の積分から算出されますが、非観血的に血圧測定をした場合は、MAP=脈圧÷3+DBPで、近似させることができます。

  2. laboratory943 2016/05/14 23:47

    血圧は「心拍出量×末梢血管抵抗」で規定されます。そのため、心拍出量(1回拍出量×心拍数/分)と末梢血管抵抗の増減によって血圧も変化します。
    SBPは左室の後負荷と動脈性出血のリスク、DBPは冠血流の決定因子、MAPは心臓以外の臓器血流の決定因子です。病態にもよりますが、重症患者さんの血圧低下で心配なのは重要臓器の血流不足ですよね。MAPの低下は組織の低酸素症をまねき、細胞の代謝障害から臓器の機能不全を引き起こしてショックを呈してしまいます。
    近年では、MAPが低下することで臓器レベルでの虚血が問題となる重症敗血症においては、MAP65mmHgを目標に管理することが推奨されています(日本版敗血症診療ガイドライン)。重症敗血症は、MAPがある一定値を下回ると血管床の自動調節能が失われて、組織潅流圧が維持できなくなってしまいます。
    MAPという言葉を見かける機会といえば、脳潅流圧の式もその一つではないでしょうか。脳血流(CBF)は、脳潅流圧(CPP=MAP-ICP)から脳血管抵抗(CVR)を除することで算出できます。この式からは、脳循環においても脳血流を維持するためにMAP管理が重要であることを理解できるのではないかと思います。
    重症患者さんの循環動態をモニタリングするときには、何を指標にするかを医師としっかり共有して、MAPやSBP、DBPを評価することが大切だと思います。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ