• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

点滴の滴下を勝手に早める患者さんへの対応

私が働いている病棟では、歩行可能な患者さんが結構多くいます。

その中で、1日1本の点滴でいい方もいます。主治医の指示で、500MLの点滴を3時間などで落とすように指示があり、そのように滴下する為に、調整を行うのですが、患者さん自身で勝手に滴下を早くしたりすることがあります。点滴をしていると、動作がしにくいのは分かりますが、治療であることを説明してもなかなか改善しません。

このいった場合には、どのように伝えたら、患者さんが分かってくれますか?このような患者さんへの対応の仕方を教えて下さい。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. title4219 2016/05/15 17:36

    点滴をしていると、動きにくかったりするので、患者さん自身で早めたりすることありますよね。私も何度か経験したことがあります。患者さんは、滴下が早くなると、どのように身体に負担がかかってしまうかなど分からない場合があるので、しっかり伝えてあげることが必要ですよ。ただ、先生の指示だから!と言うだけでは、説得力がないので・・滴下を早くすることで、心負荷がかかってしまうことを説明してあげましょう。患者さんも、理解してくれると、改善してくれると思いますよ。

  2. bright6554 2016/05/16 6:27

    やはり、先生の指示通りに治療が行えていないと、もしも患者さんに何かあったときは、看護師の責任になります。何度も指摘しても、患者さん自身で滴下を早めてしまうのであれば、輸液ポンプを使用したりすることが必要です。患者さんの命を預かっているので、しっかりと輸液を指示通りに落とすのが看護師の仕事であります。患者さんに、点滴の滴下を早めてしまうとどのような影響がでるのか、説明してあげたらいいと思います。

  3. blue2087 2016/05/16 16:34

    私もそのような患者さんに何度か遭遇したことがありますよ。
    何度言っても、勝手に早めてしまうので、とても困りました・・。
    その事を、主治医の先生に相談して、夜中に点滴を行うことにしましたよ。
    夜中であると、日中みたいに動き回ったりしないので、患者さんも点滴が邪魔であると感じにくいですよ。

    患者さんの負担にならないように、点滴の時間を変更するのも、1つの方法であると思います。
    患者さんが何故滴下を早めてしまうのか、しっかり患者さんの気持ちを受け止めて、それを改善できるようにすることで、患者さんも協力してくれるようになりますよ。

    看護は、しっかりと患者さんの気持ちに寄り添うことで、良い看護を提供することができるので、頑張って下さいね。
    患者さんと、良い関係を築くことが出来ると、患者さんも、良い入院生活を送ることが出来るので、とても良いことです。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ