• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

心肺蘇生中の輸液ってどのようなものですか?

病棟勤務の2年目の看護師です。先日、院内急変の講習会に参加したのですが、心肺停止のとき、実際にはどんな輸液を使用するのでしょうか?

何か特別な輸液があるのでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. tomato2570 2016/05/17 4:32

    心停止の原因にもよりますが、心肺停止に至るまでの重篤な低血圧や低酸素などに伴って、間質液と血漿の水分バランスは崩れます。そのため、リンパ液などの間質液が血漿内に流入して循環血液量が減少してしまいます。

    さらに、自律神経の過剰な興奮や、視床下部ー下垂体ー副腎系ホルモンの活性化やサイトカインが産生されるので、蘇生後に高血糖や臓器障害、免疫機能の低下が生じることになります。出血や脱水などによって体液の中でいちばん喪失しやすいのは細胞外液です。そのため、初期輸液には生理食塩液や乳酸リンゲル液などの細胞外液補充液を選択します。

    心肺蘇生中の患者さんに対する輸液付加は「明らかに有害であることを示す所見がみとめられるまでは、循環血液量が相対的もしくは絶対的に減少しているものとして扱う」ことが原則であるとされています。

    細胞外液補充液の代表といえば0.9%生理食塩液ですが、生理食塩液には2つの大きな特徴があります。1つは、人間の体液の浸透圧と等しいようにつくられていることです。もう1つは、Na濃度が人間の細胞外液とほぼ同じであるという点です。

    生理食塩液をさらに細胞外液の組成に近づけるために、KやCaを加えたものがリンゲル液で、リンゲル液に乳酸を加えたものが乳酸リンゲル液です。リンゲル液のNa濃度は約130mEq/Lと低いぶん、KやCaなどの他の陽イオンを含んでいて、ショック時のバイタルサインの安定化に効果的な輸液の一つであるとされています。

  2. meet783 2016/05/17 15:58

    体液には「血管内、間質、細胞内の浸透圧は常に等しく、浸透圧が等しい限り細胞内外を水は移動しない」「電解質は血管内と間質間を自由に行き来するが、間質と細胞内の行き来は自由ではない」という特徴があります。血管内に細胞外液補充液が1000mL投与された場合、血漿に250mL、間質に750mLの割合で分布します。つまり、投与した細胞外液補充液のうち1/4が血管内に残って、循環血液量を増加させることになります。
    心原性心肺停止後の自己心拍再開症例では、心血管系や循環動態の変動を伴います。CPAの原因によって輸液量や投与方法は異なりますが、蘇生時の輸液療法の最大の治療目標は、個々の臓器や組織への血流と酸素化を確保することであって、単純に血圧をあげることやPaO2を保つことではありません。蘇生により血圧と心拍出量が戻っても、再還流障害や微小血管の潅流障害は持続するので、厳重なモニタリングと輸液の調整が必要になります。

  3. held1190 2016/05/18 0:59

    腎機能の低下が心配される状況では、Kが含まれていない輸液が適しているので、乳酸リンゲル液より生理食塩液が選択させることがあります。しかし、細胞外液を補充するため生理食塩液を大量に投与し続けると、NaClの過剰投与により代謝性アシドーシスを起こしやすくなります。
    施設や医師によって、どの輸液を使うか多少の違いはあるかもしれませんが、細胞外液補充液が使われいるのは全国共通なのではないかと思います。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ