• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

水分制限を守ることが出来ない腎不全の患者さんへの対応

腎不全で、透析をしている患者さんがいました。その患者さんは、1日の水分摂取量に制限があったのですが、守れなくて、多く飲んでしまうときがありました。きちんと1日分の水分をボトルに入れて、患者さんに毎朝渡していたのですが、夕方くらいにはすべて飲んでしまって、自分でお茶などを購入していました。このような患者さんへの対応は、どのようにしていますか?今後の参考にさせて頂きたいので、教えてください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. santiago2717 2016/05/25 15:37

    私が受け持たせて頂いた患者さんは、自宅から透析に通われていたのですが、自分で水分の管理が出来なくて、透析でも除水が追い付かないほどでした。その為、入院を行って、治療と指導を行いました。1回に多くの水分を摂取してしまう方であったので、1日の水分制限量を1度に渡すのではなく、3回に別けて渡していました。朝食・昼食・夕食時に渡すようにしたら、患者さんも多く飲みすぎることがなくて、それに慣れてくれるようになりました。初めは、慣れるまで、早くに飲み干してしまったりしたときがありましたが、だんだんと慣れてくるので、いい方法だと思います。この先も、同じ水分量で調整しながら1日を過ごしていかないと行けないので、患者さん自身に頑張ってもらわないといけないと思います。

  2. argentina5302 2016/05/25 21:19

    多く飲みすぎてしまう患者さんいますよね。私が働いていた時、同じような患者さんがいました。何度注意をしても治りませんでした。その為、1日の初めに半分の量を入れて患者さんに渡していましたよ。なくなったら、声を掛けてもらうようにしていました。患者さんも、その水分を大切に飲んでくれるようになりました。

    特に夏場は、喉が渇いてしまうので、少し難しかったりしましたが、患者さんも少しずつ慣れてきたら、1日で制限量に足りるようになりました。患者さんによって、どのやり方がいいのか、患者さんと一緒に考えながら行ってみたらいいと思います。

    もし、水分をたくさん摂取してしまったら、身体にどのような影響があるのかも、しっかり伝えて、何故水分制限がかかっているのか理解してもらうことが大切です。患者さんに、患者さん自身のことをきちんとしってもらうことで、多くのことに気を付けたりされるので、必要なことだと思います。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ