• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

病院食を摂取しない患者さんへの対応

入院患者さんの中には、病院食の味付けが薄いと言って、ほとんど摂取しない患者さんが多くいます。
 
私が受け持たせて頂いた、心不全の患者さんは、自宅ではとても味付けの濃い食事を摂取されていたようです。心不全があるので、塩分制限があり、病院食はとても味が薄く感じるようです。家族の方が毎回食事を作って持って来られます。家族の方には、塩分制限があることを伝えているのですが、味付けを薄くしていると言われます。実際に味見をする訳にもいかないので、患者さんはそれを食べています。
 
このような時は、家族も含めてどのように対応していますか?是非教えてください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. hand6036 2016/05/25 16:04

    私も同じようなことで悩んだことがあります。患者さんも、急に普段の味付けが変わってしまったら、食欲が低下してしまいますよね。そこで、患者さんの家族の方は、少しでも食べてもらいたいと思って、自宅で作った料理を持ってきてしまいます。

    このような行為は、悪いことではありませんが、病院食は、患者さんに合わせた塩分量を使用しているので、そのことをしっかり理解してもらうことも大切です。また、患者さんに薄味に慣れてもらうのも、とても大切なことなので、入院生活中に慣れる必要があることをしっかり伝えてあげて下さい。

    また、家族の方にも、理解してもらえるように対応しています。

  2. netherlands8759 2016/05/25 23:26

    長年味付けの濃い食事をしていた方であると、急に味付けを薄くすることは難しいですよ。でも、しっかり病気と食事の関係性を説明してあげることが大切です。私の病院では、患者さんに食事指導のパンフレットをお渡ししています。それを元に、患者さんには看護師から説明を行っています。

    患者さんも、少しではありますが、病気との関連性を理解してくれて、薄味になれようとしてくれます。やはり、自宅に帰った時に、また同じ味付けになってしまうと、病気が悪化してしまう恐れがあるので、注意が必要です。家族の中で、料理をされる方にも、薄味になれてもらうようにしています。夫が入院して、妻が料理をするのであれば、妻も薄味になれてもらうことも大切なので、病状の説明をするときは、夫婦で聞いてもらうこともあります。

    食事は、毎日摂取してもらうので、きちんと見直してもらうことも大切です。よく、栄養士から直接食事の説明をしてもらったりもしています。看護師では、説明不足の部分をしっかりと説明してくれるので、とても分かりやすく、患者さんからも、試してみれそう!などの声を聞くことがあります。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ