• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

整形外科での退院調整

整形外科に入院されている患者さんの退院調整で、大変だと思うことを教えてください。
 
整形外科疾患は日常生活動作に直接関わってくるので、他の科とは違う苦労があるのでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. wrightbrothers9269 2016/05/26 15:55

    整形病棟にいます。

    私が大変だなと思うことです。

    ・受傷前のADLまで戻った状態で退院できる患者さんは少ないので、年齢を問わず家族のサポートや介護サービスを利用しないといけなくなる人ばかりだということ。

    ・高齢者の場合は新規で介護認定を受けたり、介護度の変更申請をしなくてはいけないケースがとても多いこと。

    ・特に足腰の疾患では、患者さんの自宅の準備が大変。
    手すりや滑り止めマットを設置するくらいで済む場合から、家を改修しないといけないケースもある。改修が必要となると工事の関係で在院日数が延びがちになり、看護師は患者・家族と病院側の板挟み…。

  2. wednesday1863 2016/05/26 22:30

    ひとつ前の方が言われていますが、介護認定調査に入ってもらうタイミングも悩ましいです。

    調査に来てもらうのが早すぎると必要上に介護度が上がってしまうし。
    遅すぎると結果が出るのも遅れて、その後のケアマネジャー決定、利用する介護サービスの選定・決定がずるずると長引いてしまいます。
    施設入所が必要だと空きが出るのを待つのにさらに時間がかかったり。

    私がいるのは急性期病院の整形外科なんですが、病院経営サイドとしては出来るだけ早く退院してほしいので、経営にまで口を出す師長がうるさくてうるさくて…はぁ(笑)

  3. japa1535 2016/05/27 1:44

    脊髄損傷の患者さんの退院調整が難しいです。

    受傷される年齢もさまざま、独歩で退院される方もいれば、寝たきりになってしまう方もいます。介護だけでなく、訪問看護などの医療の介入が必要になる場合もあります。

    若い方が受傷することもあるので、ご家族の介護経験もゼロというケースも少なくなく、何もかも一から習得しなくてはいけません。

    日常生活援助全般(更衣、清拭、食事介助、移動の介助など)、経管栄養、導尿、人工呼吸器、吸引、褥瘡予防などなど。
    こうやって改めて書いてみると、介護全般ですね。いきなりこれを覚えろと言われたら、いくら家族のためとは言っても大変ですね。想像を絶します。

    しかも脊髄損傷は事故で受傷することが多いので、患者さんもご家族も働き盛りの年齢で、経済的な問題も出てきますね。

    患者さんもご家族も生活が一変するので、入院中も退院後も心のケアが必要になるでしょう。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ