• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

整形外科で深部静脈血栓の体験談が知りたいです

整形外科疾患、特に術後に起こりやすい合併症のひとつに、深部静脈血栓症があります。
 
実際に患者さんが急変したところに立ちあった経験がある方はいらっしゃいますか?
私は整形外科に3年いますが、いまだに立ち会ったことがありません。リアリティのある体験談をお聞かせいただければと思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. rokuonjitemple1473 2016/05/26 17:37

    私が看護師3年目、整形外科も3年目だったころ、入院中の患者さんが深部静脈血栓症を起こされました。
    数年前の話ですが、覚えている限り詳しくお答えしたいと思います。

    患者さんは90歳くらいの男性で、大腿骨頸部骨折で人工骨頭置換術を受けられた方でした。
    既往歴は詳しくは忘れてしまいましたが、過去に他科の手術歴があったり、血圧のお薬を飲んでいたと思います。静脈血栓や静脈瘤の既往はありませんでした。

    認知症がある方でした。日中は奥様がつきっきりで、数日おきに病室に泊まっていかれる日もありました。

    その患者さんは術後だいぶ日数が経っていてリハビリも進んでおり、日中はベッド上にいる時間が多いながらも見守り下で車いす移乗できるような状態で、退院の目途もついていました。

    が、私が夜勤のときに異常が発生しました。
    検温のときはなんともなかったのですが、消灯間際に奥様が「手術した方の足をすごく足を痛がる」とナースコールされました。患者さんご自身は認知症でナースコールはできませんが、痛みを訴えたりはできます。

    靴下を脱がせて足を見てみると、真っ白で冷たくなっていました。
    これは…と思い、バイタルを測って、上司のベテラン看護師に報告しました。肺塞栓の症状は見られませんでした。

    その後はベテラン看護師さんが患者さんを観察し「これは血栓だろうね…」と、即、主治医に電話。他の患者さんに対応しつつ、外科からエコーを借りてきたりとバタバタしていると、主治医が来院。
    診察の結果、やはり静脈血栓だということで奥様に状況を説明され、すぐ外科病棟に転棟し、緊急手術をすることになりました。

    奥様のナースコールから外科転科まで、あっという間でした。現場を発見した私は、主にカルテに看護記録を残すことと、転科・手術の準備であたふたしていたような気がします。

    手術は成功し、外科的に状態が落ちついた数日後、また整形外科病棟に戻ってこられました。

    たまたま奥様が泊まられる日で異変に気づいて教えてくれたから良かったものの、そうでなかったら患者さんは自分でナースコールできないわけで、すぐ発見・対処できただろうか…と、今思い出しても寒気がします。

    静脈血栓は術直後や離床開始直後が危険だと思っていましたが、術後しばらく経っても油断はできないんだなと感じました。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ