• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

食事を摂取しない患者さんへの対応

私が以前受け持たせて頂いていた患者さんは、全く食事を摂取してくれませんでした。その為、点滴を外すことが出来なくて、なかなか退院できませんでした。
 
患者さんは、結構無口な方であったので、食事について問うも、「いらん」や「食べん」などの発言が多かったです。
 
でも、食べなかった原因は、入れ歯が合わなかったからでした。もっと早く伝えてくれていたら、対応することが出来たと思います。食事をなかなか摂取しない患者さんへの対応は、どのようにされていますか?今後の看護に役立てたいと思うので、教えて下さい。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. coffee9141 2016/05/31 4:58

    患者さんが食事を嫌がるのであれば、何か理由があると思うので、しっかり話を傾聴してあげたらいいと思います。私も同じような経験したことがあります。入院生活が長くなったりすると、歯茎が痩せてしまって、入れ歯が合わなくなってしまうことがあります。看護師が見て、入れ歯が合っているか合っていないか判断が難しいので、患者さんに聞いてあげたらいいです。

    病院には、専属の歯医者があったりするので、紹介してあげてもいいと思います。患者さんは、入れ歯が合っていなくても、歯医者に行くことが出来ないので、伝えない方もいます。歯医者の情報を伝えることで、患者さんも安心して、治療に専念することが出来ます。食べないのは、何か原因があると思うもで、しっかり聞いてあげたりして下さいね。

  2. actually4378 2016/05/31 11:02

    食事をきちんと行わないとなかなか退院することが出来ませんよね。
    高齢になると、嚥下機能も低下してくるので、食事形態が合っているのか確認することが必要です。また、自宅ではどのような食事形態であったかや、どのような食事を食べていたのか情報を得ることが大きなヒントになりますよ。
    食べにくかったりすると、なかなか食事を行うことが出来ないので、患者さんに寄り添った看護を心がけて下さいね。

    その方が、患者さんも、安心して入院生活を行うことができますしね。
    入院前の情報を得ることは、今後の入院にとても必要になってくるので、しっかり情報を得ると、良い看護を行うことが出来ます。
    食事形態や量やとろみなどに工夫するだけで、食事が進むこともあります。
    患者さんに合った食事を提供できるように、頑張って下さいね。

    患者さんのよって異なってくるので、患者さんに合った看護をしっかり行うようにしてあげて下さい。
    良い環境にすることが、患者さんには必要ですよ。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ