• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

イレウス後の食事指導とは?

イレウスで何度も緊急入院をする患者さんがいます。大腸癌の手術後ですが、手術してもう何年も経っています。
先輩看護師から、「こういう患者さんは個別的な食事指導が大切ね。どう関わるか考えてきて」と言われましたが、個別的な指導って難しくてどうすればいいか分かりません。アドバイスを下さい。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. akimasa-hhu 2016/08/15 4:42

    イレウスで入院してくる患者さんは、繰り返すことがすごく多いです。
    おそらく入退院を繰り返しているということは、緊急性でないため保存的に絶食などで腸管を安静にさせ、徐々に食事を開始して問題なければ退院という経過なのではないでしょうか。

    イレウスにはいくつか種類があり、緊急手術が必要な絞扼性イレウス(腸がねじれてしまい、虚血状態のため腸管壊死の可能性がある)もあります。
    しかし、保存的にみて軽快したり、開腹の手術歴があるので癒着性のイレウスの可能性が高いですね。
    そうなると、食事指導がとても重要になってきます。

    まず、なぜその患者さんはイレウスを繰り返してしまうのか、入院前の食事生活を聴取しましょう。
    また聴取しなくとも入院時のカルテにヒントがあるかもしれませんので確認しましょう。
    その患者さんの普段の食生活を知り、そこに関わることで個別性が出てきます。

    ただ、イレウスを何度も繰り返す患者さんはどんな食べ物が原因なのか分かっているかもしれません。
    それを分かっていても、欲求に負けて食べてしまったり、早食いをやめられなかったりとい患者さんの病気に対する意識が低い場合があります。
    そこで、私たち看護師が○○は食べるとイレウスになりやすので気を付けてくださいといったところで、何も変わりません。

    看護師として患者さんの意識をどう再発予防に向けられるかはとても大切な役割になります。
    カルテ情報の整理や患者さんの食生活が分かったら、患者さんがイレウスに対してどう思っているかを聞いて、意識を確認しましょう。
    その上で、どうアプローチしたらいいかを考えます。

    時には看護師のみでなく医師からも厳しく伝えてもらう必要もあるかもしれません。
    入院生活から自宅への生活に向けた取り組みはとても勉強になるので、ぜひ頑張ってください。

  2. ayato 2016/08/15 15:00

    個別性と言われると難しく考えがちですが、つまり患者さんの問題は何で、その問題の何を解決したら良いのかを考えていくことが大切です。
    この患者さんの場合は、イレウスを繰り返すことが問題で、この患者さんがイレウスを再発しないためにはどうしたらいいか?を考える必要があります。
    そのために、イレウスの原因となる食生活を聴取したりすることが必要なのです。
    そういう風に考えていけば、自然と個別的な問題が出てきます。疾患ごとにキーワードは絞られるはずなのでそれに当てはめてってもいいかもしれません。
    教科書通りとは限らないので、教科書を参考にしつつ患者さんのことをイメージしながら介入しましょう。
    イレウス再発予防には排便コントロールも大切ですのでチェックしてみて下さい。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ