• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

暑い時期の水分制限方法を教えてください!

現在、水分制限を実施している患者さんが入院されているのですが、梅雨もあけて暑いこの時期の水分制限は、患者さんにとってもかなり負担が大きく、訪室するたびに「看護師さん、お願いお水飲ませて」と言われてしまい、辛いです。しかし、その方は腎不全が進行しており、水分量は厳守と医師からも指示が出ており、「どうすれば少ない水分量で満足していただけるか」と日々悩んでおります。暑い時期こその水分制限方法って、何かないでしょうか?
ぜひ皆さんの知恵を貸してください!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. mititaka-91 2016/08/28 21:25

    現在、腎臓内科に勤務しており、入院患者さんはほぼみなさん水分制限をされています。
    暑い時期は特に、水分は氷で提供することが多いです。

    だいたい一個あたり20ccと換算して、喉の渇きを感じた時に一個ずつ提供します。
    口の中にふくむと少しずつ氷が解けて、ゆっくりと摂取することができるので、良い時間稼ぎにもなりますし、暑いこの時期の冷たいものは、患者さんにも好評です。

    氷そのものについては、私の病棟では患者さんにいつでも提供できるよう、飲食店用の製氷機を使用し、定期的に消毒することで衛生面を維持しています。
    氷枕用の製氷機ですと、衛生面が心配なので、その辺は十分に注意してくださいね。

  2. riko430 2016/08/28 22:53

    うちも同じく氷です!
    透析室にも氷を常備しており患者さんが希望された時には提供出来るようにしているみたいです。

  3. hukie 2016/08/29 2:18

    私がやっている方法は、「ペットボトルにて管理する」ことです。
    例えば一日500ml制限の方だったら、朝の時点で新しいペットボトルに日付を明記して、患者さんにお渡しします。
    そうすると、患者さんは一日あたりこれだけ飲めるというのが明確化するため、ご自身で自由にコントロールすることができます。
    水分制限にあたり、一番辛いのが「あとどれだけ飲めるかわかりにくい」という点です。
    この方法だと、患者さんご自身での管理になるので、お互い気持ちが楽になります。
    ぜひ、試してみてください!

  4. kagetika-26 2016/08/29 5:20

    うちの病棟の冷蔵庫には、常に患者さん専用の「飲料水」が冷やしてあります。
    そして、水分の希望がある度に、そこから冷たい水を提供するようにしています。
    夏の暑い時期に、常温の水を飲んでもなかなか喉を通って行かないですよね。
    冷え冷えに冷やした飲み物を提供することで、少ない量で「飲み物を飲んだ」という満足感が得られるようで、患者さんにも好評です。
    本当は患者さん一人につき一台の冷蔵庫があればいいんですけど、個室とかじゃない限り、なかなか難しいですよね。この方法はすぐにできるので、お勧めです!

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ