• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

今では膀胱洗浄は行っていないのですか?

以前働いていた病院では、バルーンカテーテルを挿入していて、詰まりがあったり、浮遊物が多い場合は、膀胱洗浄を行っていました。だが、今回転職を行った病院では、膀胱洗浄を行っていません。なぜ、膀胱洗浄を行わないのですか?他の病院では、どのように対応されているのか教えて下さい。是非、今後の看護の参考にさせて頂きたいと思いますので、よろしくお願いします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. kiyosige_g 2016/12/11 0:48

    現在勤務している病棟では、ほとんど膀胱洗浄は行っていません。なぜなら、膀胱洗浄を行うことで、病原菌を体内に入れてしまい、感染の機会を高めてします可能性があるからです。それでは、洗浄しているのに、感染をさせてしまっては意味がなくなってしまいます。患者さんにとって、負担の大きい治療は、出来るだけ避けるようにしなければいけません。膀胱洗浄には、どのようなリスクがあるのかをきちんと理解して、看護を行うようにしなければいけません。良い治療を行うことが出来るように、頑張って下さい。きっと、患者さんへのリスクは最小限になると思います。でも、実際に閉塞が起きてしまったりしたときは、きちんと膀胱洗浄を行うようにして下さい。そのときは、手技に注意をして、感染が起きないようにして、処置を行って下さい。また、バルーンカテーテルの交換を行うこともおすすめです。

  2. yuyu-satte 2016/12/11 15:28

    訪問看護をしており、以前は家庭でも膀胱洗浄を行われていましたよ。
    でも、感染してしまったことが多かったので、在宅では行わなくなりました。
    その分、バルーンカテーテルの交換を2週間に1度定期的に行うようにしてからは、感染を起こさなくなりました。
    感染を起こさないように、陰部洗浄をきちんと行っておくと感染も起こりにくいです。
    高齢の患者さんの場合は、免疫力が低下しているので、少しの細菌でも感染しやすいのは事実です。
    感染しないように、看護師が出来ることや注意する点を明確にしていると、感染予防を行うことが出来ますよ。
    難しいこともあるかもしれませんが、頑張って下さいね。
    きっと、良い看護を行うことが出来ますよ。
    在宅で感染してしまっては、入院が必要になってしまったりするので、注意しなければいけないのは事実です。
    患者さんや利用者さんの負担を減らすためにも、看護師が出来ることや情報提供をしっかり行うことが出来るようにして下さいね。
    たくさんのことを経験することも、看護師として大切なことですよ。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ