• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

食事がなかなか進まない患者さんへの対応について

普段は寝たきりである患者さんで、食事のときは座位になってもらい、食事介助を行います。だが、なかなか食事が進みません。食事介助の時間が長くなってしまって、患者さんが途中で入眠してしまうことがあります。そのようなときは、どのようにしたら良いのか、なかなか思い当たりません・・。このような場合は、どのように対応されていますか?是非教えて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. atuhiko 2016/12/11 22:54

    患者さんが寝たきりである場合は、身体をあまり動かさないので、なかなか食事が入らない場合があります。でも、患者さんによって、いろいろな原因があるので、その原因を理解することもとても重要になってきます。私の場合は、寝たきりの患者さんであれば、食事の30分くらい前から座位の体勢にしています。その方が、患者さんも座位の体勢になれるので、食事が取りやすくなります。1度試してみて下さい。患者さんも、座位の姿勢のまま少し座らせておくと、食事の摂取が行いやすくなります。どの方法が患者さんに合うのか分からないので、いろいろな方法を試してみて下さい。きっと患者さんに変化が出ることがあります。毎日きちんと観察を行って、患者さんの食事が進むスピードを見て、良い方法はしっかりと把握して、継続させてみて下さい。

  2. ayaka_31347 2016/12/12 2:25

    私も同じような経験をしたことがありますよ。
    寝たきりの患者さんの場合は、オムツを装着していることがありますよね。
    そのオムツが締め付けられている場合は、腹部が苦しくて食事がなかなか取れないことがあります。
    特に寝たきりの患者さんであると、テープのおむつを装着して、少しきつめにテープを止めてしまっている場合があります。
    その場合は、座位になると苦しいです。
    患者さんの立場に立って、考えてあげると答えが見つかることがあります。
    オムツを装着するときは、少しゆとりを持たせるようにしてみて下さいね。
    もしかしたら、患者さんの変化が出る可能性があります。
    ゴムの履くオムツであれば、結構腹部にもゆとりが出るので、変えてみるのも1つの方法です。
    患者さん合わせた方法を考慮してみて下さいね。
    私も、そのことに気づくのは結構時間が掛かりましたよ。
    特にコミュニケーションを取ることが出来ない患者さんの場合は、どのように感じているのかを聞くことが出来ないので、困難な場合があります。
    良い結果が出ると良いですね。
    良い結果で出ることで、看護に自信がつくようになるので、仕事が楽しく感じるようになりますよ。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ