• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

認知症の方でBPSDの方を見た事がありません。

認知症高齢者に関わった事がありません。
でも、テレビとかを見ているのと実際は結構違ったりするので、本当のところはどうなんですか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. mitutaka_71619 2016/12/17 19:49

    私の経験では、BPSDになった時に、すごく上手く行ったという良い話は、ありません。
    整形外科病棟に居た頃は、本当に認知症高齢者の変貌ぶりにいつも驚かされていました。
    普通、大腿骨骨折していた場合、歩行出来ませんけど、せん妄状態の高齢者は歩きます。
    キルシュナー鋼線を入れ牽引し、数日後オペをする予定だった高齢者は、夜中にキルシュナー鋼線を付けたままベッドサイドに立ち、バルンカテを手で引きちぎってました。
    発見した時にはめちゃめちゃ驚き、患者さんを何とかなだめてベッドに寝かせても、ものの30分もしないうちに病室から出て来ていました。
    骨折部位がとても心配なので、抑制をしましたら、余計にせん妄が酷くなり、本当に困りましたね。
    そして、この患者さんとは縁があったのだと思いますが、オペ日の夜勤も私が担当でした。
    流石に、術後は痛くて動けないだろうと思っていましたら、見事に夜間ベットサイドに立ってました。
    「足が痛いから、何とかしてくれよ。あんまりにも痛いから病院へ行こうと思う」と言ってました。
    痛みは分かるけど、病院入院中なのは分からないんだなとその時に思いました。
    術後なので、やはり安静にして欲しいとは思いましたが、そんな事はせん妄状態の時に通用しませんでしたから、あの夜勤は本当に忘れられません。
    そして、昔の人って痛みに強いですね。
    あの患者さんのおかげで、認知症高齢者は骨折していても、歩くというのが分かりました。

  2. hirotaka-makinohara 2016/12/18 13:15

    一般病棟に治療目的で入院して来る認知症の方が困りますね。
    体調不良と環境変化が人を変えてしまいます。
    ご自宅では普通の人だと、ご家族は言いますが、夜間せん妄状態を起こす高齢者は、病棟からしたら、「本当に困る」の一言なんですよね。
    点滴をすると脱水が改善されて、少し元気になります。
    そうなると必ず点滴を自分で抜いてしまいます。
    そして、「家に帰る」と言い歩き出し、転んで骨折するというパターンがよくあります。
    ご家族からしてみれば、具合が悪いから入院させたのに、病院で転ばして骨折させるとは何事だとなる訳ですよ。
    だから、具合が悪くても良くなってもあまり受け入れしたくなくなるんですよね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ