• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

フットケアはきちんと指導をしていますか?

少し前から、訪問看護師として勤務しています。そこで、利用者さんが糖尿病であり、足指に壊死を発症してしまいました。原因は、靴ズレが原因でありますが、気づくのが遅くて発症が進行してしまいました。もっとしっかりとフットケアを行っていたら、このようなことにならかったのではないのかな?ととても疑問に感じます。他の病院では、糖尿病の患者さんへフットケアの指導はきちんと行っていますか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. ikuho_46506 2017/01/02 7:33

    糖尿病のある患者さんの場合は、きちんとフットケアを行っていないと、下肢が壊死してしまい、最悪の場合は切断を行わなければいけないこともあります。本当に注意をしないと、今後の患者さんの生活に大きく関わってします。糖尿病の患者さんにフットケアの必要性を話しても、実際に毎日行われる方は少ないと感じます。そのため、入院中に看護師がフットケアを行って習慣づけを行うようにしてみてあげて下さい。糖尿病は、血糖値が高くなる病気であるため、動脈硬化により血管が狭くなってしまって血液の流れが悪くなってしまいます。そのため、免疫力が低下してしまって、すぐに感染しやすくなってしまいます。もし、靴ズレをしてしまった場合はすぐに消毒を行うようにして下さい。毎日下肢の観察を行わないと、ケガに気づくのが遅れてしまう場合もあります。また、糖尿病であると、神経障害も起きるので、痛みに敏感になりやすいです。痛みに気づかないと、足をなかなか見ないので、気づいた時には手遅れになっていることもあります。それを予防するには、毎日のフットケアが大切になってきます。患者さんには、どのようなことが起きる恐れがあるのかきちんと説明を行って、毎日フットケアを行ってもらうようにしましょう。

  2. rika_79088 2017/01/04 12:18

    私が訪問看護として働いていたときに、糖尿病の患者さんで壊死してしまった例があります。
    その患者さんは寝たきりであったので、下肢を患者さん自身で見ることが出来ませんでした。
    本当は、毎回の訪問看護のときに観察を行うことが必要でありましたが、その患者さんは、寒がりで毎日靴下を履いて、電気毛布を使用していました。
    足浴は、月に2回行っていたので、その時に下肢の観察をしていました。
    だが、電気毛布で低温やけどをしてしまっていました。
    訪問看護は週に1回だけであったので、その間に起きてしまいました。
    気づいたときには、結構悪化しており、毎日ケアを行うようにしていたのですが、進行するばかりでした。
    それが数年続き、改善が見られないので、切断の話も出てきました。
    患者さんは絶対に切断は嫌と言うことなので、現在も治療中です。
    毎日きちんとフットケアを行っていたらこのいうなことにならなかったのに・・と後悔をしています。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ