• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

化学療法中の病院食について

今年から化学療法室勤務になった看護師です。うちは消化器専門病院なので、化学療法の患者さんが多く、化学療法専用の化学療法室が設けられ、私は毎日、ケモの患者さんとほとんど関わっています。ケモの患者さんで問題になるのはやはり副作用。特に食欲不振の方が多くて、特にケモ中はなかなか食事がとれないという患者さんがほとんどです。病院食も提供できるのですが、常食は受け付けないという方が多く、結局は病院食は止めて、自分で好きなものを買ってきて食べているというのが現状です。ケモ中は無理せず食べないというのは私もそう思うのですが、経営に関わっている医事科のスタッフや栄養士さんからは、できるだけ病院食を出したいという要望もあり、頭を悩ませています。果たして、化学療法中の患者さんに食べやすい食事を提供する方法はあるのかどうか・・。なかなか思いつかないので、同じようにケモに携わっている方にアドバイスをもらいたいです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. hiroe_918 2017/02/19 12:09

    ケモの患者さんが多い病棟で働いています。うちの病棟も半数以上は無給食の状態ですね。ただ、診療報酬の関係で、1食360円なので、病院側としては質問者さんの状況と同じく何とか算定をとりたいというのがあるようです。しかし、患者さんからすると、ほとんど食べれない食事に毎回360円も払うのはもったいないという意見もあるんですよね。ただでさえ、ケモは治療費も高額だし、患者さんに負担をかけたくないのはわかるんです。なので、うちの病院ではアンケートをとるようにして、どんなものが食べたいのか、食べやすいのか、食べれそうなのか患者さんから意見を聞いています。そして、カロリー度外視で、とにかく食べやすいものを提供するということで、化学療法食というものを新たに作り、おにぎりや巻き寿司、カレーといった軽食にゼリーやアイスをつけるようにしています。それでも、360円分の価値があるかと言われると、決してそんなことはないので、まだまだ改良していかなくてはいけないなと感じてます。ご参考になればと思って回答しました。

  2. rui_9229 2017/02/19 23:05

    NSTナースです。うちは、給食とNSTと連携して、患者さんの病院食そのものを定期的に見直すようにしています。検食はもちろん、患者さんから出た意見をできるだけ拾い上げるようにして、修正して現場へフィードバックするようにしています。やはり、患者さんにとって食事は楽しみの一つだと思うんです。それが苦痛になってしまっては病院スタッフとして悲しいことですから。その観点でいえば、ケモの患者さんも同じです。ケモの場合は味覚障害を起こしている可能性もありますから、亜鉛を含んだ栄養剤を提供して、まずは根本的な部分を見直していくのも良いのではないかと思いますね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ