• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

消化器外科の術後の食事開始基準って?

消化器外科の3年目ナースをしています。ラダーレベルでいうとⅡのものです。
術後の患者さんを見ているといつも、不思議に思うのですが、食事の開始が医師によってまちまちだったり、明確な基準って明らかにされてないんです。

クリニカルパスだと、術後何日目から開始って確実にわかるのですが、当院は術後のパスは胆石とヘルニアしか使用していません。
両方とも術後当日、もしくは1日目に食事が出るので良いのですが、胃癌や肝臓癌、大腸癌の手術の方は早い人だと2日目、遅い人だと5~6日目とかなりばらつきがあります。

もちろん、患者さんの術後の経過によりますが、経過が良い人でもばらつきがある印象です。
臨機応変にといってしまえば、それまでなのですが、ある程度、どの手術だとどのくらいっていう目安を根拠立てて知っていると違うかなーと思うので、もしわかる方いたらお願いします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. urara56 2017/03/05 7:12

    がん看護に精通した看護師です。まず、肝臓は食事開始が早いですね。大体、2日目と思ってもらって良いでしょう。なぜなら、肝臓の場合、食事の通り道でないからです。食事を始める上で一番こわいのは、食事が正しく通過していかないこと。その点で、胃と大腸とは大きく異なります。

    質問者さんが挙げてませんが、膵臓も、十二指腸を触っているので、しばらくは経口摂取不可です。経腸チューブで直接、腸に注入するのはそのためです。そういうわけで、胃にしても大腸にしても、吻合部が万が一、縫合不全を起こしてたらということを考えて、吻合部ドレーンの状況を見てから、数日様子みるということですね。

  2. kiyoyuki4841 2017/03/05 11:57

    Ope室と外科病棟で経験があります。胃と大腸でも、その術式や部位によっても、食事開始基準は異なります。まず、胃の場合は、幽門側胃切除なら、ドレーンの性状がよければ、3~4日目に開始となります。ただ、胃全摘だと、縫合不全の可能性も高くなるので、UGIをやって流れを確認してから開始されますね。大腸の場合は、回盲部~下行結腸までの手術なら、吻合がスムーズなので、3日目頃から食事開始になりますが、S状結腸~直腸のHAR、LAR手術になると、縫合不全のリスクが高まるので、注腸造影をして確認してからになりますね。その他、吻合部狭窄とか蠕動不良、腸管麻痺だったりすると、開始遅延の原因となりますが、大体の流れを何となくでも頭に入れておくと、予測して動けますし、患者さんにも説明できますから、良いと思います。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ