• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

看護師が腰痛にならないために気を付けることは?

現在勤務している病棟には、年配の看護師が多く勤務しています。年配の看護師のほとんどの方が、腰痛に悩まされています。私は、20代であるので、まだ腰痛には悩まされていないのですが、年齢を重ねると腰痛に悩まされてしまうのかな?と少し不安に感じます。看護師の仕事を行いながら腰痛にならないために何か行っていることがあれば、是非教えて頂きたいと思います。今後の参考にさせて頂きたいと思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. kazuki7374 2017/03/08 9:29

    看護師の仕事は、体力仕事とも言われるほど、本当に大変な仕事です。働く病棟によっては異なるのかもしれませんが、私は寝たきりの患者さんの看護を主に行っています。その為、体位変換や患者さんの移動を行うときは、本当に体全てを使います。その為、油断していると、腰が痛くなってしまったりすることがあります。はじめは大丈夫であっても、回数を重ねると腰への負担が大きくなってきて、腰痛の原因になってしまいます。私の先輩では、ヘルニアになってしまった方もいます。とても腰痛に悩まされているので、とても可哀そうに感じてしまいました。自分自身が出来ることは、腰への負担を最小限にするために、ボディメカニズムを使うことをおすすめします。意識しておくと、腰への負担も最小限になって、腰痛になりにくくなります。私は、よくボディメカニズムを使用した方が良いと言われてきたので、意識するようにしています。その為か、今は腰痛に悩まされることはないです。だが、油断をしてしまうと、大きなダメージになってしまうので、仕事を行う上では、自分自身の体のことも考えながら行うようにして下さい。

  2. hisakazu972 2017/03/08 16:45

    私も本当に腰痛がしんどくて、仕事が苦痛になってしまったことがありますよ。その為、回復期病棟への移動を行って、寝たきり患者さんなどの看護をあまり行わないで良い病棟へ移動を行いました・・。

    腰痛がひどいと、自分自身だけの問題ではなく、患者さんへ十分な看護を行うことが出来なくなってしまうので、迷惑をかけてしまうことになりますよね。その為、腰に負担がかかると感じたときは、他の看護師に患者さんの移動などを一緒に手伝ってもらうようにお願いしても良いと思いますよ。

    また、重心も意識して、あまり腰に負担がかからないような姿勢で看護を行うことも忘れないようにして下さいね。腰を痛めてしまうと、本当に仕事に支障が出てしまうので、大変ですよ。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ