• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

消化器センターでの肝臓癌の治療方法って?

消化器センター勤務の看護師です。うちの病棟は少し変わっていて、東と西に分かれているのですが、東が胃・大腸・炎症性腸疾患などで、西が肝胆膵という感じで、消化器の中でも専門分野別に病棟も分けられてます。医師の専門分野がこの2つに分かれるので、より医師が専門性を活かして仕事できるようにという配慮のようです。私は、肝胆膵のほうに移ってきたばかりで、これまで胃、大腸のほうで2年ほど経験があります。肝臓がんの方が多いのですが、治療法が内科的と外科的と分かれていて、内科だとTAEとかRFA、PEITになるし、外科だと区域切除という感じです。この違いがいまいちよくわからないんです。患者さんから聞かれても自信持って答えられないし、肝胆膵消化器経験豊富な方、教えてください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. yuina4487 2017/03/12 14:17

    肝胆膵の消化器病棟を経て、今は肝臓外来で働いています。肝臓癌の治療を決めるのは、腫瘍の数、大きさ、広がりによって変わってきます。例えば、腫瘍が多発の場合は、その場所にもよりますが、区域的に切除可能ならば外科的手術になるでしょう。ただ、外科手術をするうえで重要なのが、肝臓の予備機能。ICGなどでチェックするかと思います。手術によって肝臓を切除することで、癌はとれたけど肝不全になってしまったら生命に関わってくるので。逆に腫瘍が小さく、一箇所であれば経皮的に焼く方法、質問者さんが出したところでいうとラジオ波焼灼術、エタノール注入療法といったところになるでしょうか。ただ、内科的治療の場合はどうしても、一回で治療が終わらない場合が多いので、繰り返さなくてはいけない印象ですね。もちろん肝臓の手術は出血や肝機能障害、胆汁ろうといった合併症もこわいですし、侵襲が強いので、リスクと効果を天秤にかけて判断する必要があるでしょうね。

  2. miruku9 2017/03/12 17:16

    消化器専門病院で勤務してます。肝臓系に強いというわけではありませんが、経験が10年近くあるので、回答しました。腫瘍が大きい場合でも、患者さんの希望で内科的アプローチになるケースもあります。その場合はTAEが多いでしょう。TAEの場合、腫瘍に直接アプローチするわけではなく、動脈をつまらせて栄養をいかなくするので、うまくいけば撃退することができます。ただ、うまくいかない場合もあるので、根気よくやっていかなければいけないかなーと思います。あとは、質問者さんが触れていないところでいうと、最近では肝臓の化学療法も効果がよくなってきていて、分子標的剤も良いものが出てきているので、抗がん剤との併用で腫瘍を縮小してから外科的切除という方法もありますね。内科、外科の連携が必要だし、再発率も高いので、長期戦を覚悟しなければいけない病気だと思います。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ