• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

患者さんが食事介助の途中で寝てしまうのは食事介助の仕方が悪い?

今働いている病棟では、食事介助を必要とする患者さんが多くいます。その為、毎日のように食事介助を行うのですが、途中で寝てしまう患者さんもいます。1度寝てしまうと、なかなか食事介助が進めないので、途中で中断してしまう形になってしまいます。そのときに、自分の食事介助の仕方が悪いのかな?ととても疑問に感じます。他の看護師が同じ患者さんの食事介助を行っているときは、全量摂取したりしている状態です。このようなときは、どのようにして、食事介助を行ったら良いのですか?今後の看護の参考にさせて頂きたいので、教えて頂きたいと思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. tomokatu88 2017/03/17 19:51

    私も、入院患者さんの食事介助を毎日行っていますが、食事介助を行う前にしっかりと覚醒しているのかを確認してから食事介助を行うようにしています。もし、傾眠傾向である場合は、しっかりと覚醒するまで食事は行わないようにしています。傾眠傾向であれば、誤嚥してしまう可能性もあるので、注意が必要になってきます。しっかりと患者さんに声かけを行って、覚醒したのを確認して食事介助をすると、患者さんもしっかりと口を動かして食事を摂取してくれます。患者さんへの食事介助は、誤嚥の危険もあるので、気を付けて行わなければいけません。本当に傾眠傾向である場合は、食事の時間をずらしてみたりしても良いと思います。

  2. harunoriu 2017/03/18 8:12

    患者さんの食事介助を行うときは、食事を口に運ぶタイミングもとても大切になってきますよね。ゆっくりした食事介助であると、患者さんは、食事の合間に眠くなってしまって、傾眠してしまうかもしれません。

    患者さんの嚥下状態をしっかり確認して、食事を摂取するタイミングを見計らって食事介助を行うようにしてみても良いと思いますよ。誤嚥しないように、食事介助をゆっくりしてしまうと、患者さんも途中で眠たくなってしまうのかもしれないです。何が原因で食事中に寝てしまうのかを考えて、食事介助の方法をもう1度考えてみても良いのかもしれないです。

    きっと、患者さんに合った食事介助が見つかると思いますよ。患者さんによっては、ゆっくりしか嚥下できない患者さんもいれば、しっかりと嚥下出来る患者さんもいます。患者さんの嚥下状態に合わせて、食事介助を行ってみて、傾眠しないような努力をしてみることが、看護で最も必要になってくると思います。頑張ってみて下さいね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ