• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

患者さんがインフルエンザにならないように何か行っていますか?

現在、総合内科で勤務している看護師です。以前入院患者さんの中に、インフルエンザを発症してしまった患者さんがいます。その患者さんは、自分自身で歩行も行える患者さんであったので、肺炎を発症することなくインフルエンザを完治しました。だが、免疫力が低下している患者さんの場合であれば、肺炎も同時に発症する恐れがあるので、注意があります。また、特に高齢の患者さんの場合であると、インフルエンザに感染してしまうと命の危険もありますよね?そんなときは、患者さんがインフルエンザにかからないように何か行っていることはありますか?今後の看護の参考にもさせて頂きたいと思いますので、教えて頂きたいと思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. ririko9505 2017/03/25 19:49

    以前、私が勤務していた入院患者さんが、インフルエンザに感染してしまいました。その患者さんは寝たきりであるので、肺炎などの合併症には注意していたのですが、なかなか解熱しなかったので、胸部のレントゲンを撮影すると肺炎になってしまっていました。

    特に高齢の患者さんであると、肺炎などを起こすと命に関わってくるので、しっかりと呼吸状態も踏まえて、治療・観察を行わないといけません。その時は、モニターを装着して、酸素の値も低下していないかリアルタイムで観察するようにしていました。少しずつではありますが、回復傾向であったので、とても安心したのを覚えています。

    やはり、冬の時期になると、インフルエンザはとても増えるので、本当に気を付けたいです。入院患者さんは、免疫力が低下しているので、面会の方などが持ち込んだ菌で感染してしまっていることもあるので、面会に方には、消毒・マスクを徹底するようになりました。少し気を付けてもらうだけでも、インフルエンザの感染も拡大することはなかったので、是非面会に方にも協力してもらうようにして下さい。

  2. kao76 2017/03/26 6:49

    本当にインフルエンザは怖い病気ですよね。私が働いていた病院では、患者さんの家族の方に同意を得ていますが、インフルエンザの予防接種はほとんどの患者さんに摂取してもらうようにしていましたよ。インフルエンザの予防接種の副作用が気になるので、予防接種をあまり受けたくないと言った患者さんもいましたが、肺炎などの合併症の方が危険であることをきちんと説明を行なって、ほぼ全員の患者さんに受けてもらっていました。その為か、入院患者さんでインフルエンザを発症した方は少なかったと思いますよ。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ