• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

マルクの不安を少しでも解消する方法

この春より、血液内科に異動となりました。
今までは婦人科にいたため一から医療処置などを学んでいるのですが、先日マルクの診療補助に初めてつきました。
マルクを受けたのは40代の女性だったのですが、その方はとにかくマルクに対しての恐怖心がすごくて、マルクを行っている間ずっと震えてしまい、私はただ手を握ってあげることしかできませんでした。
今後血液内科で働くにあたり、少しでも患者さんの苦痛を取り除いてあげたいと思います。
マルクの不安を少しでも解消するために、みなさんはどのような対応をされているのか、ぜひ教えてください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. kiki5314 2017/05/16 20:41

    血液内科に勤務経験がありますが、未だにマルクの穿刺する瞬間は目を背けてしまいます。
    骨髄に直接針を刺すなんて、想像しただけで怖いですよね。
    だからこそ、看護師として不安を軽減させてあげたいというあなたの気持ちはよくわかります。
    私の場合は、ずっと患者さんと世間話をあえてするように努めていました。
    他の看護師に介助を任せ、私は患者さんとずっと手を握りながら、たわいのない会話をするんです。
    静かな病室ほど、患者さんの不安をあおることはありません。
    個室ならばテレビやラジオを流すというのも効果的です。
    とにかく、何かしらの音を出すことで、患者さんの意識を少しでもそらすんです。
    ただ、あまりうるさくすると医師の集中力を削いでしまうので、その点だけ注意してくださいね。

  2. sigeyuki_s 2017/05/17 6:29

    あなたはすでに手を握るという立派な看護をしています。そのことに対して自信をもっていいと思いますよ。
    患者さん一人ひとり、それぞれマルク中にしてほしいことは違うと思います。
    なので、患者さんに寄り添い、患者さんがどうしてほしいかをくみ取ってあげることが大切だと思います。
    中には静かに受けたいという方もいるでしょう。
    側にいてほしいという人もいれば、看護師ではなく家族にいてほしいという方もいるかもしれません。
    看護のメインは、あくまで患者さんです。
    不安を少しでも軽減してあげたいという気持ちはわかりますが、あまり過度に不安を取り除こうと動いてしまうと、かえって患者さんにとって負担になるかもしれない、ということを頭の片隅に置いておいてください。

  3. ayu87 2017/05/17 23:16

    私は白血病を克服し、今は看護師として働いています。
    私がマルクを受ける時は、ウォークマンでひたすらテンションが上がる曲を聞いていました。
    看護師さんともあえて何も話さず、ひたすら曲に集中することで不安や恐怖から意識を遠のけていました。
    前の方が言っていたように、看護師さんに側にいてもらわないほうがいいという患者もいます。
    患者側の意見としては、やる前に「何かしてほしいことはありますか?」と聞いてもらえることが一番助かります。
    そうすると自分の要求を伝えやすいからです、

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ