• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

病棟新人ナースの疑問。乳癌の後、血圧や採血ダメな理由は?

総合外科病棟に配属された新人ナースです。うちの病棟は、消化器や整形を中心とした術前術後の患者さんが多いです。乳腺外科も昔はあったみたいで、乳癌の手術をしていたようですが、現在はしておりません。ただ、昔、乳癌の手術をした方が時々、再入院してくることはあります。先日、乳癌でリンパ節郭清の既往がある方に対し、入院時に血圧測定を行いました。あとで、指導者に報告したら、患側での血圧測定はダメだと指摘され、どうしてダメなのか調べてくるように言われましたが、いまいちよくわかりません。どうやら採血もダメみたいなのですが。わかりやすく説明していただけると助かります。よろしくお願いします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. humikazu29 2017/05/18 4:58

    一般外科病棟で勤務しています。乳癌術後の患者さんというと、少し抽象的な感じですね。腋窩のリンパ節郭清を行っているかどうかがポイントですね。患側の腋窩リンパ節郭清を行っていると病歴聴取でわかった場合は、締め付けをすることで、リンパ流障害が起こり、むくんでしまう、あるいはむくみが悪化してしまう可能性があります。まずはむくみがどの程度、既に生じているかも観察できるといいでしょう。採血や点滴の場合は、万が一、穿刺部から感染した場合にむくみが悪化したりする可能性があるので、気を付けたほうがいいです。とりあえず、前回の乳癌の手術状況のカルテが見れるのであれば、しっかり手術内容を確認することも大事でしょうね。リンパ節郭清を行っていなければ、患側を使用しても大丈夫ですからね。

  2. hanakag 2017/05/18 17:54

    乳腺外科の経験があります。私は医師に直接聞きましたけど、絶対禁忌ということではないということでした。ただ、リンパ浮腫の予防という意味ではできるだけ避けたほうがいいという意見でした。

    例えば、左が患側で右上肢から点滴を行っている患者さんに採血の指示が出た場合、右からも左からも上肢では採取不可能になりますよね。そうなると下肢からの採血となるわけですが、下肢が必ずしも血管選択できる状況とは限りません。浮腫があったら、上肢よりわかりにくいはずです。そういったケースでは止むを得ず、患側からの採血は行ってもいいというスタンスでした。

    もちろん、動脈から医師が採血をとるという選択肢もあるわけですけど。ただ、患者さんは重いものを持たないようにとか日常生活で指導をされていますから、やはり患側使用には抵抗を持たれる可能性がありますので、十分に配慮は必要です。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ