• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

外来の新人ナースです。太い針と細い針の違いを教えて。

准看護師になったばかりです。外来に配属され、技術習得のため、毎日のように注射、採血を行っている日々です。血管を選択すること、針の刺し方、覚えることだらけなのですが、針の種類もいろいろあって大変だなっていう感じです。とりあえず、数字が低くなると針が太くなるということはわかりました。あと、細い針のほうが血管に入りやすいということも先輩から教えてもらえました。ただ、素朴な疑問として針の太さによって何が違うのかなって思いました。もちろん、一番細いのは皮内注射のときに使ったり、18Gとか太いのは点滴の混注で使うことはわかります。しかし、20G~24Gの違いはいまいちよくわからないんですよね。メリットやデメリットも含めて教えていただけたら嬉しいです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. sati3623 2017/05/19 7:39

    病棟のプリセプターナースです。針の選択はとても大切なことなので、早めに覚えておくと良いです。

    まず、20Gは輸血や手術時に使用します。輸血で細い針を使うと、血液中の赤血球を破壊してしまう可能性があるからです。また、手術時に太い針を使用するのは、一度に大量の輸液が必要なためです。

    つまり、太い針というのは輸液量が多い患者さんに向いていると思ってもらったほうがいいですね。逆に24Gは細いのですが、全開投与や大量投与には当然不向きだということです。

    病棟じゃないので想像がつきにくいとは思いますが、一日に点滴一本をゆっくり投与するときとかは24Gでも良いかなと。使用する際には、その患者さんの特性を理解しておいたほうがいいでしょう。

  2. suzuho95 2017/05/19 16:26

    クリニックで勤務しています。質問者さんのところは来るかどうかわかりませんが、小児の患者さんがいると細い針が重宝します。当然、小児の患者さんは成人に比べ体が未発達なため、血管が細いです。そのため、24Gを使用することが多いです。あと、採血するときは必ず23Gより太いものにしてくださいね。細い針だと血管の血球成分が壊れてしまい、血液データに影響を与えてしまいます。採血時は翼状針を使用していますか?翼状針だと穿刺した後にテープ固定できるので通常の針より、やりやすいと思うのでおすすめですよ。

  3. eizi698 2017/05/19 21:44

    同じく外来ナースです。針が細いとシリンジで押すときに抵抗があります。そのため皮下注射や筋肉内注射の際に、細すぎる針だと注入が大変です。22、23Gあたりを使用しましょう。逆に針が太すぎると、今度は穿刺時の痛みが伴いますから気を付けてくださいね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ