• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

初歩的な質問ですが、生食ロックとヘパリンロックの違いを教えて。

教えてください!私の病院では、点滴が終了して、針を残す場合、生食ロックをしています。しかし、先日、看護学校の同級生同士で集まり、仕事の話になったときに友人から、同様のケースでヘパロックをしていると言われました。逆血してかたまってルート刺しかえになったりするし、間違ってるんじゃない?と指摘され、不安になりました。一体、どちらが合っているのでしょうか?また、両者はどう違うのでしょうか?ちなみに私は新人看護師なので、他の病院での経験はありません。経験豊富な方々にアドバイス求めてます。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. atuyosi898 2017/06/11 3:25

    看護師18年目、今までに6つの職場で働いてきましたが、生食ロックのほうが多かったですね。特に末梢点滴をヘパロックしているところは少なかったです。ヘパロックはその名の通り、ヘパリンを流すので、出血のリスクが上がります。外科Drだと、術後に出血リスクが上がるようなことはしてほしくないので、ヘパロックは禁忌としているところもあったくらいです。ヘパロックのほうが、ルート内で血液が固まらないので、次に点滴をするとき、スムーズに輸液が流れるので、そういう部分ではメリットがありますが、メリット以上にリスクを考えたほうがいいかなということです。

  2. hatuho747 2017/06/11 12:05

    私自身は、3回転職経験がありますが、周囲の話も総合していくと、末梢点滴は生食ロック、中心静脈点滴はヘパロックという感じで、どちらが正解ということでもないし、そこは各医療機関でルール化しているんだと思います。末梢点滴のヘパロックにしても、2~3mlの微量で行っているところもありますし、最小限のリスクであれば問題ないでしょうから。中心静脈点滴の場合は、万が一、カテ内で固まってしまった場合に、再留置に伴う処置が大変だし、フラッシュして血栓を心臓のほうにとばしてしまうのもコワイのでヘパロック推奨と教えられましたね。

  3. himeka_x 2017/06/12 0:42

    看護師経験7年ですが、お願いします。最近は、逆流防止弁がついたようなカテーテルも増えてきていて、CVポートなんかは以前までは専らヘパリン流してたけど、今では生食でも大丈夫になりましたからね。

    前の回答者さんもおっしゃる通り、ヘパリンを流すリスクを考えると、生食ロックが主流になってきているとみて間違いないでしょう。質問者さんは新人さんということで、エビデンスを理解しておくことが大事なので、当然、生食は血液をサラサラにすることはできませんし、生食とヘパリンの作用の違いを頭に入れておけばよいでしょう。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ