• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

化学療法の副作用ってどの薬剤でも変わらないの?

消化器・婦人科混合病棟に配属され、1年余りが経過しました。手術の患者さんも多いですが、化学療法の患者さんも多くて、いろいろなレジメンがあり覚えるのが大変です。その中で副作用の観察が大切だということはこの1年でよくわかったのですが、その症状ってみんな同じようなものばかりな気がします。先輩の記録見ていても、吐き気や倦怠感を中心に見ているなという印象です。確かに私が受け持ってきた患者さんもその症状が多かったですけど、化学療法によって特徴的な症状は変わるのでしょうか?初歩的な質問かもしれませんけどお願いします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. iku303 2017/06/13 1:23

    外来化学療法を担当しているNSです。まず、抗がん剤によっても副作用の強さが変わってきます。膵臓癌のケモでよく使われるゲムシタビンなんかは副作用が軽めで日帰りケモでできますが、長く続けられてる方が多いです。同じ日帰りケモでもパクリタキセルは、アナフィラキシーのリスクも高いし、骨髄抑制、脱毛症状も強く出やすいです。特徴的な副作用症状ですが、大腸のケモで使われるエルプラットなんかは、末梢神経障害が起きやすく、特に回数を重ねると出てきますから、薬によってももちろん違うし、急性に出やすいものと慢性に出やすいものともあります。意外と化学療法って奥が深い世界ですよ。是非、興味を持って勉強してください。

  2. ieyasu2 2017/06/13 22:21

    急性期病棟で働いています。いろんな患者さんがいますが、基本、短期入院でまわしてる病床チームにいるので、化学療法の患者さんともよく関わっています。

    最近は、抗がん剤と分子標的薬の組み合わせが多いです。この分子標的薬でも、副作用がいろいろあります。例えば、アービタックスなんかは大腸でよく使われますけど、皮膚障害が顕著に出ます。ベクティビクスなんかも同じかな。

    質問者さんのおっしゃるような吐き気、倦怠感というのはもちろん、抗がん剤の副作用としては確かに代表的なものですが、下痢とか便秘もありますし、もう少し幅広い視点で見られるといいかなと思います。

  3. natuka34 2017/06/14 2:52

    質問者さんは婦人科系も入っているとのことなので、シスプラチンなんかもよく使用されているかもしれません。
    シスプラチン投与時は輸液を多めに入れると思います。

    尿量を見ながら利尿剤使用もあるかもしれません。
    シスプラチンは腎障害が出るので、排尿状況に特に注意したほうがいいです。
    腎障害を理解していないNSが結構多いので、頭に入れておくといいですよ。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ