• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

呼吸器科 スクイージングのコツ?感覚って?

呼吸器科 新人です。排痰援助 スクイージング いまいちコツというか、うまくできたという感覚がつかめなくて。どうしたらいいでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. katuziro-niihama 2017/06/18 22:08

    スクイージング施行前、施行後に呼吸音は聞いてますか?SPO2もしくはPaO2の変化は見ていますか?スクイージング後にサクションをした時の痰の量はどうですか?
    一連の手技、先輩とかできる人に見てもらっているのですよね?まさか一人で感覚わからないとかおもいながらやってないですよね。万が一見てもらってないなら必ず見てもらってくださいね。自分でも調べていてかつ先輩等にも見てもらっていると仮定して書かせてもらいます。

    私も最初これでいいのかなって思ったことはあります。感覚がつかめるまで少し時間がかかるかもしれません。感覚というのはスクイージングを行ってその効果があるのかないのか。きちんと呼吸に同期させってスクイージングが行えているのかという感覚だと思うのですが、それでよいでしょうか?

    先ほども言いましたが、患者さんの呼吸に合わせて行うことが重要です。呼吸にうまく合わせられていないと患者さんを余計に苦しくしてしまう可能性があります。肋骨骨折を引き起こしたり、不整脈を誘発させてしまう危険もあります。看護師は患者さんの健康に働きかける義務があり、不利益になるようなことはしてはいけませんね。こういうリスクがあることも念頭において看護にあたってくださいね。呼吸に合わせるためにはその患者さんの呼吸パターンを観察して呼気、吸気の長さがどのくらいかみながらそれに合わせていく必要があります。

    以上を踏まえて、もう少し細かく話します。呼気の最初の圧迫は軽めに、圧迫を徐々に強くしていき、呼気の最後に一番強い圧を加えます。患者さんの呼気、吸気に合わせることが重要です。何秒圧迫して、何秒緩めるという時間で決めるものではありません。患者さんの呼気、吸気に合わせて施行し、実施後は必ず評価しましょう。

    実施前後の患者さんの状態をきちんとアセスメントしないと効果が出たとしても、その実感は全くない(看護師も)ですし、ただ盲目的に行っているということになってしまうと思いますので前後の状況の観察、アセスメントをしっかり行ってください。
    また、手の当てる位置ですが、痰の溜まっている場所によって少し変わります。上葉の場合は、第4肋骨の少し上に掌を当てます。呼気に合わせて胸郭を引き下げるように圧迫します。

    中葉と下葉の場合は、側臥位をとり、痰の貯留部位を上にします。中腋窩線と第8肋骨の交わるところのやや上を圧迫します。
    先ほどリスクについて話しましたが①昇圧剤などの投与によって循環動態が安定しない②脳圧が亢進している重症の脳疾患③胸部の骨折④未処置の気胸などがある患者さんにはスクイージングは禁忌です。他にも状況によって禁止となる場合があると思うので調べてみてください。

    蛇足ですが、スクイージングは排痰誘導の技術ですが、限定的な圧迫によるもので全てがこれでできるものではありません。体位ドレナージも一緒に行います。

  2. karin 2017/06/19 10:33

    私もわからなくて先輩に聞きました。圧迫は患者さんが苦しくない程度。沈み具合でいえば胸郭が2~3cm沈むくらいと。圧迫の加え方は手掌全体で均一に力を加えて呼気終末に圧が強くなるようにするんだよ。って教えてもらいました。あとはうまい人に自分にやってもらってうまいときはどうなのか、下手にやってもらうとどうなのかってすると私はわかりやすかったです。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ