• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

終末期看護について。痛みはいいけど、だるさが強い場合、どうしてます?

一般病床に少し終末期の患者さんが入院されている病院に勤務しています。基本的には内科の患者さんなのですが、経過の長くなった終末期の患者さんなどが転院してきたりします。応対するのも内科医なので、あまり終末期の看護に対する知識がないのか、疼痛に対してはオピオイドを導入しますが、倦怠感に対しては特別、何もしてくれません。ベテランの先輩Nsさんだと、逆に医師から意見を求められているくらいです。私自身は3年目ですが、これまでも倦怠感に苦しんで、最期の時を苦しんで迎えてしまった方も何人かいました。そうしたことを繰り返さないためにも、終末期の倦怠感を少しでも軽減しようをテーマに最近取り組み始めました。まずは、一人一人意見を出し合っていく感じなので、終末期看護の経験のある方々に、効果のあった看護、治療があったら、教えてもらいたいと思ったので、お願いします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. akitika2 2017/07/04 18:03

    急性期なのですが、一部、終末期の患者さんもいるので、ケアにあたっています。疼痛に比べて、倦怠感への症状コントロールというのは難しいですよね。疼痛はそんなにないけど、倦怠感強いという方もいて、モルヒネを投与しても、あまり効果的ではなかったという症例もありました。うちの病棟では、患者さんや患者さんの家族の意思をしっかりと確認したうえで、鎮静を行うことが多いです。ドルミカムが多いのですが、鎮静が良好になると、穏やかに寝られている感じになります。家族の方としては、コミュニケーションがとれない辛さはありますが、苦しんでいる姿を見るよりはいい、という意見もよく耳にします。家族の精神的ケアを十分に行いながら、鎮静をするのは一つの手段だとは思います。

  2. motonori244 2017/07/05 11:01

    緩和ケアで働いています。うちは薬剤を積極的に使用しない方針を打ち出しており、酸素や輸血といった治療も積極的に行っていません。倦怠感に対する看護としては、マッサージやアロマテラピーといったリラクゼーション療法を取り入れています。

    もちろん、時間を要すケアにはなりますが、患者さんからもすごく喜ばれますし、やりがいはあります。ご家族の方も希望されれば、指導を行い、積極的に介入してもらっていますよ。

  3. aiha9 2017/07/05 20:45

    慢性期病院ですが、一部、終末期の方もいます。
    終末期治療にあたる医師もごくわずかなので、関わる機会がありますが、倦怠感に対してはステロイド投与がベターとのこと。
    効果はテキメンという感じではないですが、地味に良くなっているなという印象です。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ