• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

2年目ナースです。患者さんからのマッサージ希望に対してどうすればいいか。。

まだ2年目になったばかりの看護師です。うちの病院は、急性期なのですが、時々、術後の経過が悪かったりとか、ターミナルの手前の患者さんだったりとかで治療が長期化することがあります。そういったときに患者さんって不安も強くなったりして、マッサージしてほしいって言われたりするんです。でも、マッサージに関しては専門的な資格もなければ、勉強もしてきていないし、はっきり言って私が行っても効果がないと思います。精神的な安らぎで言えば、効果的なのかもしれませんが。結構、マッサージの希望ってあるみたいで、先輩もしたことあるとは言ってましたけど、実際には看護師は患者さんからのマッサージ希望があったらするべきなのでしょうか?もちろん、他にもやらなければいけない業務がありますし、そんなに時間を割けるわけではないのですが。経験談も含めて意見ください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. suzuno3 2017/07/08 21:23

    よくある話ですよね。例えば、ターミナルの患者さんとかで浮腫があるような方ならば、リンパマッサージを行ってみたりとか、そういうものは効果的かもしれません。ただ、行うにしても研修とかは行っておいたほうがいいと思いますし。同じようにマッサージを行うのであれば、理学療法士がいれば、理学療法士に任せたほうが有効的でしょう。ただ、夜間であったり、患者さんが不安で、そういう訴えがあるのならば、私は看護師はやるべきだと思います。コミュニケーションをとりながら、マッサージを行うことで患者さんとの信頼関係も築けますし、精神的な安定に繋がると思います。

  2. yukimori44 2017/07/09 1:39

    私も急性期で働いています。術後の縫合不全で3か月ほど入院していた患者さんがいました。女性の方だったのですが、見通しが立たない状況下で毎日のように涙を流されて不安になっていました。

    看護師として何かできないかということでカンファレンスをした結果、ボディタッチ、マッサージを行いながらコミュニケーションをしてみようということになり、実践してみたところ、患者さんは安定され、退院するときにすごく感謝された経験があります。

    看護師は何かあるとすぐに薬で対応しようとしますけど、患者さんは薬を使うことに抵抗がある方も多いですし、患者さんが求めるニーズを感じ取り、その結果がマッサージならば、行うことが無駄ではないと思いますね。

  3. miti771 2017/07/09 18:55

    看護師の看護観が問われる問題ですね。うちの職場では、患者さんからのマッサージ希望があっても、「看護師の仕事ではない」と拒否している人がいました。結果、家族にしてもらっていましたが、それを見て私は何とも言えない気持ちになりましたね。

    確かに専門家ではないけれど、血行促進や浮腫の改善、疼痛の改善といった効果もあるかもしれないし、何より患者さんとゆっくりコミュニケーションをとることは重要だと思います。

    もちろん、業務の状況にもよりますが、ナースステーションで事務作業ばかりしているくらいなら、現場で患者さんと関わることが看護師の原点でしょうから。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ