• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

他科受診を行うときの注意点

以前、入院患者さんで血尿が出てしまいました。急なことであったので、患者さん自身もとても不安に感じておられました。しかし、患者さんの既往歴には、尿路結石があるので、主治医はその症状かもしれないとのことでしたが、泌尿器科の受診を行うように指示がありました。

しかし、次の日の受け持ち看護師が泌尿器科に受診をさせるときに、なぜ患者さんは血尿が出たのか全く分からない状態でした。その為、泌尿器科の医者はとても怒っていました。他の病院では、入院患者さんが他科受診を行うときは、どのような点に注意を行っていますか?今後の看護の参考にさせて頂きたいので、教えて欲しいと思います。よろしくお願いします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. katuei399 2017/07/10 4:10

    私が働いている病棟でも、入院患者さんが泌尿器科や皮膚科などに他科受診することはよくあります。その時は、患者さんがなぜ他科受診を行うのかは、ある程度把握を行うようにしています。やはり、医者から既往歴について聞かれる場合や、いつから症状があったかなど聞かれることがあるからです。患者さん自身でしっかりと話すことが出来る患者さんの場合は、患者さんが泌尿器の先生に経緯を話してくれることがあるので、看護師はある程度経緯を理解しておいたら良いと思います。しかし、医者が看護師に病状を聞いてくることがあるので、答えることが出来る範囲で理解しておくようにしておいて下さい。

  2. arare_a 2017/07/10 23:34

    以前、新人の看護師が全く患者さんの病状を把握していなくて、他科受診をおこなって、とても先生に怒られていたことがありますよ。その看護師は、いつから症状があったのかも把握していなくて、患者さんの病気も全く理解していない状態でした・・・。

    そのような状態で、医者から患者さんのことを聞かれても、1つも答えることが出来なかったので、医者が病棟の師長に怒りの電話をしたことがありますよ。でも、看護師であれば、患者さんの病状は出来るだけ把握しておくことが必要になってくると思いますね。

    患者さんの状態把握は、看護師として最低限のことであるので、それが出来ていないのは、看護師としてあまり良いとは言えないです・・・。それからは、病棟から他科受診のある患者さんの場合は、患者さんのある程度の病状について把握するように指導が入りましたよ。他の看護師も気を付けるようにすることが出来ています。

    やはり、看護師の仕事は、患者さんの状態把握が大切になってくると思います。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ