• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

呼吸器の新人看護師です。酸素マスクのインスピロンとリザーバーって?

呼吸器専門病院に転職したばかりの看護師です。これまでは慢性期での経験が2年程度で、脳梗塞後遺症の寝たきりの患者さんが中心という感じでした。呼吸器に来てレベルの高さを痛感しています。特に経験したことのない医療機器が多くて、勉強の毎日です。

今回、お聞きしたいのは酸素についてです。人工呼吸器は触ったことがあるので、何とかついていけていますが、酸素マスク、経鼻カテーテルしか知らず、ここではインスピロンやリザーバーを使用しているみたいで、何が違うのか、どういう目的なのかを教えていただきたいのです。

酸素なので、もちろん入れすぎると良くないのは何となくはわかりますが。。二つとも実際に見学はしましたが、実施はしていません。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. siko511 2017/08/28 10:54

    呼吸器科で勤務している看護師です。インスピロン、いわゆるベンチュリーマスクのことだと思いますが、加湿能力が高く、排痰効果があります。痰が粘っこくて取りづらいような方には特に適しているといえます。

    投与酸素量としても、より高濃度で24~50%の量を入れられますし、細かく濃度を設定することもできます。先述したように、加湿機能に優れているので、水をしっかり通すというのが特徴ですね。ネブライザー機能もあるので、口腔内の乾燥している方には、湿潤環境を与えることもできますし、なかなかの優れものですよ。

    リザーバーマスクに関しては、6ℓ以上の酸素投与が対象で、マスクのところに袋がついているかと思います。そこに呼気をためこんで、吸気時に再吸入しますので、袋にためた酸素と投与酸素を吸入でき、より高濃度の酸素吸入が期待できますね。ただ、酸素がたまりやすいので逆に息苦しいという訴えをする患者さんもいますから、その点に注意したほうが良いと思います。   

  2. harutaro_e 2017/08/29 2:38

    循環器呼吸器病センターで働いております。インスピロン、リザーバーマスク共に、通常の酸素マスクよりも高濃度の酸素吸入が特徴的だと思います。
    もちろん、質問者さんがおっしゃるとおり、気管内挿管や気管切開による気管カニューレからの酸素投与には劣りますが、侵襲のない範囲で、できる限りの酸素投与をしたいときにはおすすめされます。

    ただし、高濃度の酸素を投与するということは、それだけCO2ナルコーシスのリスクを伴うことは念頭に置いてください。
    血液ガスデータや意識障害も含めて観察していく必要があるでしょう。対象疾患としてはCOPDでⅡ型呼吸不全の方になります。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ