• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

外科に転属1年目です。ダーマボンドって?

一般外科病棟に勤務する看護師です。最近、急にですが、手術室から帰ってきて、創部処置が新しくなっていてびっくりしたことがあります。これまではステリーテープで表面的に創部を接着していたのですが、ダーマボンドという医療用ボンド?のようなものが使用されるようになりました。手術室は急にいろいろ試すので、それが病棟のほうに情報がなかったり、勉強会もなかったり、困ることが多いのですが、どうやら医師の意見で試験的に導入されたようです。外科病棟の看護師としてはダーマボンドについて把握しておかなければいけないと思うので、先に導入されてる方、手術室勤務の方など、わかる方いれば教えてくれませんか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. masamune5 2017/10/12 11:34

    手術室勤務の看護師です。1年くらい前からダーマボンドを使用するようになりました。といっても、全員の患者さんが対象というわけではありません。基本的に創部が小さい方、腹腔鏡の手術でいわゆるラパ創で使用しています。

    開腹創など、大きな創部では接着が難しいということで使用していないです。テープだと、皮膚が弱い方が多いので、皮膚障害を起こす一因になりますし、ガーゼがいらなくなるということで、処置の手間が省けること、コストダウンという意味でも合理的なメリットがあります。

    ステリーテープだと貼りっぱなしになっちゃうこともありますから、これからダーマボンドが使用される機会は増えていくかもしれませんね。

  2. eisyus 2017/10/12 21:56

    外科病棟勤務です。抜糸が必要なケースでも、ダーマボンドを使用していれば、抜糸しなくていいし、患者さんにとっては侵襲的な負担も軽減されると思います。傷口の接着も非常に良いので、出血してくる心配も少ないし、手術後早い時期からシャワーや入浴できるということでメリットは結構多いですよ。ただ、出血が多いような手術だと、外に出血してこず、皮下血腫を起こしやすくなるので、あくまで、使用するかどうかは医師の判断に委ねられていますね。

  3. naozi8 2017/10/13 9:43

    近年、創感染の症例が減少してきている統計が当院では出ていますが、その一因として考えられるのがダーマボンドの存在です。環境菌の侵入や、医療者の手から菌が入ったりして、感染するリスクがありますが、バリアー機能がしっかりしているので、ダーマボンド使用下で感染している創は一度も見たことないです。まぁ、ダーマボンドを使用するような手術は短期入院が多いのでリスク自体が低いのもあるかもしれませんが、それにしても革新的ですよ。まぁ、価格的な問題くらいでしょうかね。テープよりは高くつきますからね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ