• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

マーゲンチューブを自己抜去しない為にどのようにして対応を行っていますか?

以前、マーゲンチューブを挿入している患者さんが、拘束を行っていたのですがマーゲンチューブを自己抜去してしまったことがありました。その時は、注入中ではなかったので、誤嚥に繋がらなかったのですが、注入中であれば誤嚥性肺炎の危険が高くなってしまいます。マーゲンチューブを挿入している患者さんが自己抜去しない為に、どのようにして工夫を行っていますか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. riko430 2017/10/26 20:09

    自己抜去のリスクのある人にはミトンか抑制帯を使用しています。ミトンだけだとミトンがとれて自己抜去してしまうこともあるのでどの方法が良いか話し合って決めていますね。

  2. tadahiro2 2017/10/27 7:53

    私も、以前マーゲンチューブを挿入している患者さんを受け持たせて頂いたことがあります。その患者さんは、特に認知症がある訳でもなでのですが、患者さんが鼻腔に違和感があり自己抜去してしまうことがあるので、患者さんの気持ちを大切にしてあげて下さいね。

    しかし、注入中は自己抜去してしまうと、本当に誤嚥性肺炎の可能性が高くなってしまうので、必要に応じて拘束を行うことも必要になってきます。マーゲンチューブを自己抜去してはいけない!と言うのではなくて、自己抜去してしまったときのことを考えることがとても大切になってきます。

    患者さんに苦痛な思いをさせてしまうことがあるとは思いますが、自己抜去しない為にも拘束は必要になってきます。

  3. naoya6 2017/10/27 18:02

    マーゲンチューブを挿入している患者さんの中には、本当に拘束を行うことがありますよ。しかし、スタッフ同士で注意を呼び掛けて、注入中はどのスタッフであっても見るようにしていますよ。また、そのような患者さんの場合は、ナースステーションから見える位置に部屋を移動したりすることもありますね。

    やはり、少し危険を感じる患者さんの場合は、看護師から目の届く位置に部屋を移動することもとても必要になってくると思います。患者さんの特徴を踏まえて、部屋などを移動することもとても必要になってくると思います。

    マーゲンチューブを挿入している患者さんの場合は、注入は1時間から1時間半ほど時間が掛かってしまうので、その時間付きっ切りで観察を行うことが難しいですよね。そのため、観察しやすい場所に移動して、他のスタッフと協力を行いながら観察を行うこともとても必要になってきます。

    患者さんに苦痛を与えないように、看護師が出来ることはしっかりと行うようにしてみて下さいね。きっと、みんなで協力を行うことで患者さんの自己抜去を予防することが出来るようになると思いますよ。頑張ってみて下さいね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ