• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

看護師なのに、貯金がない!

看護師は高給取りって、よくいいますよね。
女性誌などを見ていても、看護師の方は軒並み貯金額が高い傾向にあります。
しかし、30代後半の独身ナースである私は、貯金がほとんどありません。

日々の仕事によるストレスから解放されるために、買い物や食事、旅行でお給料をほぼ使い切ってしまい、ボーナスも貯めることなく、欲しいバッグなどに使い切ってしまっています。
看護師なんだから、もっと貯金しなきゃと思ってはいるんですが、なかなか難しいです…

こんな私でもできる、貯金方法ってありませんか?皆さんはどうやって貯金しているのか、教えてください!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. saneaki74 2017/10/28 22:11

    私は給料の先取り貯金をしています。
    職場で、先取り貯金手続きをしているので、毎月給料から5万円ずつ自動的にひかれた金額が振り込まれるので、「貯金している」という感覚があまりありません。
    毎年100万円ずつたまるように設定しているので、いざというときにも安心です。
    先取り貯金は、すごくお勧めですよ!

  2. yositeru7 2017/10/29 23:47

    貯金って、頑張ってしまうとなかなか続かないと思います。
    なので、「いかに継続させるか」という点に注目して、貯金方法を考えたほうがいいと思いますよ。
    私は、お財布の中に500円玉があったら使わずに貯金する、500円貯金をしています。
    「あったら貯金」というゆるさから、ずぼらな私でももう5年、続けることができています。
    少しずつ、あなたにあった貯金ができるといいですね。

  3. serina_e 2017/10/31 1:56

    貯金って、必要性を感じないとなかなかできないと思います。
    私は以前、大病をして数カ月、治療に専念せざるを得ない状況になりました。
    幸い、命に関わるものではありませんでしたが、闘病中もっとも気になったのが「金銭面」でした。

    個室代や食事代、売店で買う生活用品など、医療費以外にもお金がかかり、このときはじめて「もしもの時のために、貯金はしておかなくては」と感じました。
    それ以降、毎月使える金額を決めて、それ以外は全て貯金にまわすようにしています。

    もし、今自分が倒れてしまい、治療が必要となったとしたら、どれくらいお金がかかるかを計算してみてください。
    そして、「どれくらい貯めていれば、安心して療養できるか」を考え、その金額に達するためにはどれくらい節約すればいいのかを考えるんです。

    このように、必要な貯金額を逆算することで、貯金も自然とできるようになるはずですよ。
    ちなみに私は、月10万円を貯金するようにしていますよ。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ