• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

外科看護で開放ドレーンにする狙い

外科病棟勤務の看護師です。経験は2年程度です。

外科ということで、ドレーンの入っている患者さんが多くドレーンの種類を覚えたり、排液の性状を覚えたり、いろいろ勉強してきました。最近、患者さんで多いのは開放ドレーンです。デイボールなどドレナージバッグに繋ぐのではなく、途中でカテーテルを切ってガーゼにドレナージしているということはわかっているのですが、どういうタイミングで開放化するとか、どういう狙いを持って行っているのかは理解できていません。

外科系にお詳しい方、経験豊富な方、わかりやすく教えていただきたいです。お願いします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. mitiaki2 2017/11/10 15:38

    外科病棟のチームリーダーやっています。ドレーンの開放化に関しては医師が独自の判断で行っているので、看護師はなかなかわからない点が多いかと思います。私は仲の良い女医さんの外科医と話したりして教えてもらってます。ドレーンの開放をするときは、性状がカスが多かったり、コアグラでつまっているときに行ったりしているそうです。どうしてもドレナージバッグとの接続部分でつまりやすいので、ドレナージ不良になるのがこわいし、洗浄してもすぐにつまる場合もあるので、開放のほうが適切なドレナージが行えると判断した場合にするようですよ。余談ですが、医師と話すと、なかなか自分で勉強してもわからないことを教えてくれたりするし、一人くらい仲のいい医師がいるといいかもです。

  2. itizo_27 2017/11/11 16:31

    今、5年目ですが、外科が好きなのでドレーン管理とか勉強してます。開放ドレーンにするときは、創部の状態が改善しているケースが多いです。

    膿瘍がたまっていてドレナージしている場合、縫合不全で排液をドレナージしている場合、いろいろパターンはあると思いますが、基本的には排液が減少してきていて、ドレナージバッグに繋ぐほどじゃないというときや、改善してきて徐々に位置を浅くして抜いていく場合が多いですね。

    開放化しても、また悪化してドレナージバッグに接続するケースもありますし、油断は禁物ですが。

  3. wataru_n 2017/11/12 2:37

    私も医師が話しているのを聞いたことがあるのですが、開放ドレーンのほうが性状を観察しやすいので、そういう狙いもあるようです。
    あとはドレーンの側孔に穴を開けて細工したり中を洗浄したり、いろいろカテをいじりやすいのもあるようです。
    ドレナージバッグにエアーが混入してドレナージがうまくいかないときも開放にしたりしますね。結構、いろんな理由がありますね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ