• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

外科の未経験ナースです。術後の発熱に対する判断が難しい。

これまで内科ばかりで外科の経験がなかったのですが、期間限定での部署異動で、外科病棟に現在いる看護師です。外科の患者さんの目まぐるしく変わる病態や症状についていけず、結構つらいです。バイタルも術後なんかは熱が不安定だし、様子を見ていいのか、医者に報告すべきなのかの判断にも悩みます。

先日も、術後4日目の患者さんで、それまで発熱していなかった方が急に38℃台の熱を出して慌てました。結局、日勤で報告はせずに様子を見たら、夜間に39℃台まで上がり、たまたま主治医が当直だったので迅速に対応してもらえたみたいで事なきを得ました。私も少し気づいてはいたのですが、ドレーン刺入部の感染だったようです。

このようにちょっとの判断ミスが次の勤務帯の看護師はもちろん、患者さんにも迷惑がかかり怖いなという印象です。今回の事例のように、術後の発熱というのはどういう認識でいればいいのでしょうか?やはり対応は早めのほうがいいんでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. naonobu18 2017/11/15 7:40

    外科チームのリーダーしてます。同時に感染対策チームにも入ってますが、術後の抵抗力が落ちたときの感染は対処が遅いと一気に敗血症まで招く可能性がありますから、対処は早いほうがいいです。

    特に日勤でその兆しがあるのなら、主治医がいる間に何とか報告できると良いでしょう。夜間から翌朝までだと、経過時間も長く、高齢の方だったり特に抵抗力が弱い方だと、その間で急激に病態が変化するリスクもあります。

    あとは、術後に鎮痛解熱剤を定期で使用していたりすると、熱が下がります。その状況での37℃台後半とかだと、実際は38℃以上あったりするので、注意が必要です。悪寒を伴うような発熱は特に炎症が強く起きている可能性がありますから、解熱して様子見だけでは甘いです。

    採血含め各種培養検査など、熱源を調べる検査も入ってくるでしょうし、できるだけ日中の間に気づきたいですね。昼~夕方で検温すると思いますが、ちょうど抵抗力が落ちる時間だし、そこで発見することが私は多いですね。

  2. rei_71 2017/11/15 14:18

    消化器、腫瘍外科の副主任をしています。副主任なので、まだまだ現場でバリバリ患者さん看てます。夜勤もやっています。

    さて、術後の発熱なのですが、術後に熱が出るのは当たり前のことです。体に侵襲を及ぼしているわけですから、体はその防御反応として抵抗しようとして熱が上がるのは正常なことです。ただ、手術による侵襲、ダメージの熱だけなら術後3日目頃までの影響で、今回のように術後4日目というのは微妙なところですが、ちょっとおかしいと思ったほうがいいでしょう。まして、熱源となりそうなものが観察できていただけに惜しいなと。

    医師に報告するときには、ただ熱があるだけじゃなくて、熱源になりそうな観察もできると印象が良いし、医師も動きやすくなります。ドレーンの色だったり、腹痛や腹部膨満、創部の感染徴候、点滴の刺入部感染など、術後は抵抗力が落ちているので、感染リスクは高いです。術後3~4日目以降の高い熱は特に何かが起きていると考えるべきですね。37℃台ならば、様子見てもいい範囲でしょう。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ