• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

消化器内科病棟勤務です。EMRとESDの違いについて

消化器内科病棟に転属してきたばかりです。消化器は学卒以来初めての経験で、実習では行っていますが、5年以上前のことなので、さすがに記憶にありません。

うちの消化器は専ら内視鏡治療が中心で毎日のように、ポリペクトミーやESD症例の患者さんがいます。まだ配属されて2週間程度ですが、もう何人か見させてもらってます。内視鏡センターの看護師からの申し送りで、EMR×〇個、ESD一括切除といった内視鏡治療の内容について言われるのですが、いまいち違いがわかりません。

ポリペクはEMRだということはわかっていますが、それ以上詳しくは理解できてません。内視鏡治療に詳しい方、消化器内科のご経験がある方、ぜひ解説いただけないでしょうか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. rioto75 2017/11/19 12:15

    消化器内科病棟で勤務している者です。以前は内視鏡室も勤務経験があります。まず、EMRというのは、わかりやすい例えでいうと、地面に生えている草を抜くときに抜きやすくするために薬を注入して草を大きくする。そして根こそぎとってしまうというものです。

    根こそぎとるといっても掘るのは浅い程度で、草も根深い草というよりは小さい草だと思ってもらったほうが良いです。この草をポリープに置き換えてイメージしてください。ESDの場合は、地面から土の中に根深く生えている草をとる場合です。

    草も当然大きく、一回でとることができない可能性があるので、何回かに分割してとる。もしくは、できるだけ掘る範囲を拡大して一括でとってしまう。そんなイメージだとわかりやすいと思います。私はいつも新人さんに対してこうやって説明してます。

  2. yuitiro5 2017/11/20 1:22

    EMRの場合は小さいポリープ、ESDの場合はLSTといって大きいポリープと分けて考えられると良いですが、リンパに浸潤しておらず粘膜下層までのものに限定された早期の腫瘍も対象となってきます。ただ、術前の病理診断も100%正確ではないので、実際、切除してみたらそれ以上に進行していて、ESDだけでは根治できず、外科的手術が必要になる症例も少なからずあります。ただ、全身麻酔をして直接体を切開する外科的手術に比べれば、内視鏡で粘膜を切開するだけのESDのほうが痛みもないし、全身状態を考えても低侵襲だということはおわかりかと思います。少し、話が横道にそれましたが、EMRと違ってESDはそれだけ奥まで広範囲に切除しており、切開も加えるので出血や穿孔のリスクは高いです。EMRの患者さんとESDの患者さんを同列に並べて見るのは危険です。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ