• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

大部屋チーム担当です。新設される地域包括ケア病床について。

現在、急性期病棟の大部屋チームのサブリーダーを任されています。今回、うちの病棟に地域包括ケア病床が新設されるという話が決まりました。あまりにも唐突で、来月から開始ということで戸惑いが隠せない状況です。しかも、私の担当チーム内の病床が対象になるということで、どんな患者さんが対象になってくるのか、どんな看護が必要になってくるのか不安でたまりません。

サブリーダーなのに、こんなことではいけないとはわかっているのですが、やはり未経験のものってどうしたらいいかわかんなくて。病院的には、2014年の診療報酬改訂で地域包括ケア病床を設けることで診療報酬がアップするという、経営的側面が強いようですが、2025年に団塊の世代が高齢化になるということで、将来的にも必要性が高いという判断もあるようです。

時代背景に柔軟に対応しなければいけないことは私自身も理解できます。実際にご経験されてる方、地域包括ケア病床の現状や対象患者さん、求められるケアなど、いろいろ教えてもらえませんか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. hirosi8 2017/11/21 23:37

    回復期兼慢性期病棟ですが、うちも地域包括をやっています。地域包括ケア病床の位置づけとしては、急性期と回復期の間という感じに思ってもらえれば良いです。

    うちの場合は急性期で病態が落ち着いた患者さんが、まだ退院後の日常生活に不安がある場合、その準備やリハビリを必要とするために転棟してくる感じです。質問者さんの場合は、急性期病棟なので、同じように急性期で落ち着いた方が退院までに時間がかかるために転室されるという感じでしょう。

    地域包括ケアに必要なことは、とにかく患者さんを不安なく退院させることです。ADLが入院前より落ちてしまっているなら、リハビリ部門と協力してリハビリを積極的に行っていくこと、退院後の在宅環境の調整や介護サービスの調整が必要ならば、ソーシャルワーカーと連携したりといった業務の必要性が高くなると思います。

  2. hanna_90 2017/11/22 5:46

    うちも急性期で、地域包括ケアを始めたので同じような境遇かもしれません。診療報酬のアップもあり、今、新規に始めている病院も多いかなと思います。最初は慢性期みたいにADLがかなり低くて、看護必要度が高くなるイメージで業務が多忙になるかと心配してましたが、実際はそこまでではなく、自立度としては低くないと思います。
    ただ、退院するにはちょっと厳しい、または独居で周囲の支援が得られないといった家庭環境が影響してたりします。業務負担の面ではそんなに心配しなくていいでしょうけど、他職種や介護サービスの専門職の方々と退院前カンファレンスに参加したり、退院後をある程度イメージできるようにならなければいけないでしょう。
    あとは、ずっと地域包括ケア病床に入院していられるわけではなく、最長60日以内という制限がありますから、悠長に構えるわけにはいかないので、退院サマリー、地域連携のための引き継ぎなど、退院準備は早期にしておかなくてはいけません。明確なゴールを患者さんと設定したほうがいいでしょうね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ