• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

病棟経験半年の看護師です。離床センサーの使い分けで聞きたいです。

慢性期病棟に勤務する看護師です。これまでは検査部門にいたり、外来にいたりで、病棟経験はまだ半年程度です。うちの病棟は、中途半端に動けるようなADLの不安定な患者さんが多く、しかも理解力が悪かったり、認知力が低い方もいるので、ナースコールを依頼しても協力が得られず、トイレ移動時に転倒という事例が多発しています。

そこで、離床センサーをいろいろ採用しているみたいで、いろんな種類があります。ベッドコール、サイドコール、コールマット、遠赤外線センサー、柵コールと5種類あります。これを使い分けしなければいけないのですが、判断に困る時があります。

多分、私自身が実際に使用した経験がほとんどないため、それぞれの使い道がわかってないのだと思います。同僚からは、離床センサーも今はいっぱい種類があって、いろんな病院で使用してると話を聞き、使い分けを中心とした実際の事例などの観点からも含めたアドバイスをいただきたいです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. gakuto7 2017/11/23 22:26

    病棟で医療安全対策を担当しています。転倒は一番多い症例であり、それを予防するためにも離床センサーの役割は非常に大きいです。新しくきた看護師には私が使い方や使い道を指導したりもします。離床センサーは使い道を間違えると効果がなく、逆にナースコールが鳴りっぱなしになって煩わしい存在になることも多々あります。本当に必要なときだけ反応するというのが理想なのです。

    まず、一番使用頻度が多いのがコールマットですね。コールマットはベッドから足を下したところに敷くので、そこまでのADLには全く問題ない方に向いています。逆に言えば、起きたり寝たり寝がえりをよくうつ方だと反応することはないので、座ったときだけ鳴るため効果的でしょう。ただ、ベッド柵を両側抜いておくと逆側から下りたりする可能性があり、そうすると鳴らないので、敢えて下りるほうを誘導するように片側だけベッド柵を抜いておくようにしましょう。

    次に多いのがサイドコールです。端坐位の保持も難しく転落のリスクがある方の場合は、ベッドの起き上がるほうの端に設置しておくといいのですが、位置が悪いと寝返りだけでも反応してしまうし、何度も端坐位を取る方だと鳴りっぱなしで煩わしくなることもあります。体動が少ない方向けです。うちはこの2つが主流ですね。

  2. nobuaki 2017/11/24 2:42

    うちの病院もここ1年くらいで採用し始めました。
    回復期なのですが、結構ADLの低い方が多いんです。

    おまけに認知症があったりするので、ADLが低いのに起き上がったりして転倒転落ってことがあります。
    いろんな離床センサー使ってますが、ベッドコールが重宝してます。

    ベッドコールの場合は臥床が中心の方に使用するのがおすすめです。
    起き上がることは稀っていう風じゃないと、起き上がるたびに反応してしまいます。

    また、前の方もおっしゃってますが、離床センサーは設置の位置がポイントです。
    より効果的に鳴る場所に設置するために、設置後はテストコールで反応を見て評価すると良いです。

    ベッドコールの場合は首~上部の背部あたりがいいと思います。

  3. aturo7 2017/11/24 22:55

    5種類って結構多いですね。多すぎて、なかなか一つ一つのものが浸透しないのかもしれませんね。うちは、最近、赤外線センサーを導入しました。患者さんによってはマット式だと離床センサーの存在に気づくことがあります。特にコールマットなんかはベッドの下に堂々と置いてありますから明らかです。それに気づいて踏まずに動こうとして逆に危なかったり、離床センサーの存在でイライラすることもあります。赤外線なら存在に気づかれることがないので、そういう意味でいいなって実感してます。

  4. riko430 2017/11/25 2:01

    うちが主に使っているのはコールマットですね。コールマットが鳴った時にはすでに転倒している時、というような患者さんにはサイドコールや柵コールが良いかもしれません。最近うちにもサイドコールや柵コールがきましたが、サイドコールは患者さんの体動で足が当たっただけで鳴るし、柵コールも患者さんが寝返りする時に触って鳴るのでうちではあまり活用されていません( ̄▽ ̄;)
    とにかくどの種類の離床センサーも設置する場所が大切ですね。設置する際はチームのスタッフで話し合って種類や設置場所を決めると良いかもしれません。あとは、その患者さんがどういう風に転倒する可能性があるか?と考えればどの離床センサーが適切か分かりやすいと思いますよ。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ