• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

安静度が車いすの患者さんが独歩で歩いてしまう

現在勤務している病棟では、安静度が車いすである患者さんも多くいます。その中で、認知症の患者さんや、軽度のふらつきでも歩行が可能である患者さんの場合は、独歩で歩行してきてしまう患者さんもいます。その患者さんの場合は、とても転倒リスクが高くなってきてしまいます。患者さんが転倒しない為には、どのようにして対応を行うことがベストなのですか?患者さんが転倒しないように対応をしたいので、教えて欲しいと思います。よろしくお願いします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. taiyu5 2017/11/24 0:58

    私も、安静度が車いすであるのに、なかなか安静度を守ることが出来ない患者さんを受け持ったことがありますよ。

    その患者さんは、こちらの指示がなかなか入らないので、センサーマットで対応を行っていたのですが、センサーマット対応であっても対応に遅れたら転倒してしまう可能性は高いです。

    その為、車いすは患者さんのベッド横に置いて、移乗するときに必ず視界に入るように配置するようにしていましたよ。
    その時に、また、車いすに乗りやすいように車いすは斜めに置いたりしていました。

    また、そのような患者さんの場合は、車いすのフットレスの上げ下げを忘れてしまう可能性も高いので、理学療法士と相談をしてグッとレスを外してみたりしていました。
    そのようにすることで、患者さんが車いすに乗りやすい環境にするようにするようにしていきましたよ。

  2. kanari9 2017/11/24 15:27

    患者さんの認知症が原因で、安静度が守れないことは良くあります。しかし、患者さんの中には、自分は歩行が出来ると思って、歩行してしまう患者さんもいます。

    その時は、起き上がりセンサーを設置して、患者さんが起き上がった時にセンサーが鳴るようにして、早期に対応を行うようにしています。早めの行動で、患者さんが歩行を行おうとしたときに、車いすを差し出して、患者さんには、車いすに乗ってもらうよいうにしています。

    患者さんが行動する前に看護師が駆けつけて対応を行うこともとても必要になってきます。毎回行っていると、患者さんも習慣になってきて、安静度を守ることが出来るようになってくると思います。

    患者さんが安静度を守ることが出来なくて転倒してしまった際は、看護師の責任になってしまうので、きちんと対応を行って安静度を守ることが出来るように対応を行うようにしてみて下さい。きっと、転倒を予防することが出来るようになると思います。

  3. riko430 2017/11/25 2:06

    患者さんが歩行しようとする時って何か理由があったりしますよね?トイレに行きたいとか家に帰りたいとか。トイレだったらポータブルトイレを設置して排泄しやすいように。帰宅願望があったり、理由がなくても動く人なら日中は車椅子で過ごしてもらうとか散歩に連れて行って気分転換してもらうとか。とりあえず転倒予防のためにセンサーマットは必須ですね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ