• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

マーゲンチューブの挿入確認は毎回ダブルチェックで行っていますか?

入院している患者さんの中には、マーゲンチューブを挿入している患者さんも結構多くいます。その時に、受け持ちの患者さんの中には、2人~3人いるときがあり、毎回ダブルチェックを行うのがとても面倒に感じます。その時に、胃液が引けるのかで確認をしたらいけないのかな?と毎回疑問に感じることがあります。他の病院の患者さんで、マーゲンチューブの挿入確認はどのようにされていますか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. nobue 2017/11/25 0:47

    私が働いている病棟でも、マーゲンチューブを挿入している患者さんは数名ではありますが、入院していますよ。その患者さんの注入前には、看護師2人でエア入りの確認を行うようにしていますよ。

    やはり、マーゲンチューブがしっかりと胃に挿入されていないと、肺炎などの恐れがあるので、注意が必要になってきます。その為、しっかりと看護師2人でダブルチェックを行うようにしていますよ。そのようにすることで、安心して患者さんに注入を行うことが出来るので、看護師としても安心出来る部分がありますよ。

    やはり患者さんの安全は看護師が守らないといけないので、その部分はしっかりと把握を行うようにしておいて下さいね。きっと、肺炎などの合併症の危険は下がると思いますよ。

  2. riko430 2017/11/25 1:50

    以前働いていた病院ではダブルチェックしていました。看護師2人で同時に行うと忙しい時は大変なので、1人の人が早めに確認したらシリンジをつけたままにしておいてもう1人が再度確認して注入する、という感じでやってました。今働いてる病院では1人の看護師で確認して、胃泡音が聞こえにくい時は数人で確認するようにしてます。

  3. akiyuki_39 2017/11/25 23:22

    以前、マーゲンチューブの確認は看護師1人で行っていたのですが、患者さんの胃にきちんと挿入出来ていないまま注入が開始されて、肺炎を起こしてしまったことがありました。それからは、必ず胃液の確認と看護師2人でエア入りをダブルチェックするようになりました。そのように徹底することで、肺炎を行う患者さんはほとんどいなくなったように感じます。初めからそのようにして対応を行っていたら良かったのに・・・と後悔が残っています。患者さんへの危険が高いので、危険が起きないように看護師が事前に確認を行うようにするようにしてみて下さい。きちんと確認を行うことで、患者さんが肺炎になる可能性は、最も低くなっていきます。そのようになるように、看護師がしっかりと確認を行うようにしてみて下さい。特に高齢の患者さんの場合は、肺炎になることで命を落としてしまう可能性もあるので、注意をしなければいけません。そのことは、重々把握して対応を行わないと、患者さんが肺炎になってからでは手遅れになってしまうこともあるので、確認をしっかりと行い、対応をして下さい。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ