• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

針捨てボックスは必ず持ち歩いていますか?

入院患者さんの中には、血糖測定を行うことが必要な患者さんもいます。そのような患者さんの場合は、訪室の時に血糖測定を行うこともありますが、時々針捨てボックスを持ってくるのを忘れてしまうこともあります。その時は、血糖測定のみであるので、その場で針を捨てないで、詰所に戻ったときに捨てることもあります。そのようにしていたら、他の看護師に針刺しの危険があるので、注意が必要であると指摘を受けました。やはり、針を扱うときは針捨てボックスを持参していますか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. tadamiti_53 2018/01/09 5:01

    私の病棟では、患者さんに針を刺した後は必ずその場で針捨てボックスに針を捨てるように指導されています。その為、患者さんのところに行った時に、針捨てボックスを忘れてしまったことに気付いたら、患者さんに針を刺す前に針捨てボックスを取りに戻っています。

    1番は、自分に針刺ししてしまう危険もあるので、必ず針を刺した後はその場で針を捨てる環境を作ることがとても大切になってきます。また、手順の中でしっかりと習慣を付けるようにしてみて下さい。自分自身を守る上で、しっかりと決まったことを行うようにしてみて下さい。

  2. riko430 2018/01/09 22:52

    以前働いていた病院では必ず持ち歩いてました。今働いている病院は赤字で、なんと針捨てボックスを去年導入したばかり。赤字で出費を抑えたいという理由は分かりますが、針捨てボックスの中の針を出して最終的に大きいボックスに捨てていました。もうビックリ。最近はさすがにそれは無くなりましたが、肝心の針捨てボックスは小さくて使いにくいです。
    とりあえず自分だけでなく周りのスタッフを守るためにも針捨てボックスは必要です。

  3. rinka9 2018/01/09 23:25

    私も、何度か針捨てボックスを忘れてしまったことがありますよ。今では、サーフローに誤針予防の装置が付いているのですが、誤って自分自身に針を刺してしまった時のことを考えると、とても怖いですよね。自分自身を守る上でも、すぐに針を針捨てボックスに捨てることが必要になってきますよ。

    患者さんの中には、B型肝炎の患者さんもいるので、本当に危険であります。以前、同じ部署で勤務している看護師が、すぐに針を捨てなくて、後で針を捨てようとしていた時に、誤って針刺しをしてしまった事例がありましたよ。その時は、すぐに師長に報告を行って、採血などを行って対応をしたのですが、その場で迅速に針を針捨てボックスに捨てていたら問題なかった事例であると言えます。

    その時から、朝の朝礼でも毎回針捨てボックスは毎回持ち歩くようにと声が掛かりました。それからは、結構意識も高くなり、他の看護師も毎回持ち歩いていますよ。その為、針刺し事故はなくなったように感じました。やはり、少しの意識で危険の可能性がとても低くなるように感じました。自分自身を守る為に、大切にしてみて下さいね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ