• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

老健勤務。ロキソニンって禁忌症例あるのですか?

20代の看護師ですが、老健で勤務してます。急性期病院で働いてましたが、空気が私には合わず、1年未満で辞めて、老健に来ました。病院にいたときはたくさん研修があって、正直、嫌だったけど、製薬会社の人とか認定看護師さんとか専門性の高い人たちからの講義が受けられて、ある意味、いろんな知識を得ることができてよかったのかもしれないなって今になって思ったりもします。老健だと、勉強会は介護スタッフ向けのものばかりで、新しい情報が入ってきません。特に困るのは薬のこと。先日も、発熱時にロキソニンをある利用者さんに内服させようとしたら、この患者さんにはやめたほうがいいんじゃないかって派遣さんに言われました。その患者さんの既往歴は前立腺肥大と喘息くらいです。うちは派遣さんが毎日、代わる代わる来るのですが、普段は病院で働いている方が多くて私よりも知識が豊富でつらいところです。このロキソニンの禁忌症例がわからないままなのですが、どんな患者さんだとダメなんでしょうか?派遣さんには恥ずかしくて聞けなくて。。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. hideko_suginami 2018/04/13 0:29

    私も老健勤務ですが、厳しいことを言うと、勉強は自分からするものじゃないかなと思います。私自身、病院から老健に来た時に、病院についていけなかったから老健に逃げてきたみたいなレッテルを貼られて、すごく悔しい思いをしました。

    自分からどんどん調べて勉強会とかセミナーも行ってます。私が知る限り、どこの職場でも今どき、職員が勉強したかったら支援してくれる土壌は揃っていると思います。同じ老健で働くものとして意識を高く持ってほしいなと感じたので先に厳しい言葉を並べてしまいました。

    本題に入りますが、ロキソニンというかNsAIDSはアスピリン喘息を誘発します。喘息を既往に持つ患者さんの1割くらいで喘息発作を起こすといわれているので、やめたほうがいいと言われたんだと思います。他にもジクロフェナクなどボルタレン座薬とか、アセトアミノフェンであるカロナールあたりも使用を控えたほうがいいといわれてますね。

  2. tatunari_70298 2018/04/13 10:41

    急性期病院で勤務しています。よく術後の患者さんとかで痛み止めを使うのですが、腎機能が悪い方には使用禁となっていますね。特にNsAIDSは腎障害が副作用に出ているくらいなので、うちではロキソニンはダメでカロナール、点滴ならロピオンよりアセリオといった感じです。老健はよくわからないですが、月1くらいで採血とか取っているのでしょうか?もし、採血データとかわかるなら腎機能に注意して見ておいたほうがいいでしょうね。あと、慢性腎不全とか透析やってるような人も同じように気を付けたほうがいいでしょう。

  3. tao_188 2018/04/13 23:19

    外来にいます。今年もインフルエンザの患者さんがたくさんいましたが、インフルエンザの時にはロキソニンは禁忌だとポスターを貼って呼びかけていました。施設でもインフルの患者さんが発生するかもしれないので一応頭に入れておかれると良いかと思います。インフルエンザ脳症のリスクがあるようですよ。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ