• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

透視室でイレウス管留置の介助時の注意点って?

看護学校卒→病棟経験2年程度→結婚退職→7年してクリニックでパート復帰し5年→ようやく子育てが落ち着いて150床程度の民間病院に就職、透視室に配属されました。透視室はCV留置やドレーン交換など介助につくことが多く、医師との連携がかみ合わなかったり、結構大変な毎日です。いろんな介助につきましたが、地味に辛いのはイレウス管の留置。うまく入らないと、かなり時間がかかるので、2時間超になることも。患者さんも飲み込みから体位の調整までやって、カテの違和感もあって、かなり辛そうだし、こっちも集中力が続きません。ただ、先輩から先日、ちらっと聞いたのはイレウス管の介助は患者さんが急変することもあるから注意したほうがいいということ。全く考えもしなかったので、びっくりしました。この先輩が言いたかったのはどういうことなんでしょうか?
急変とかあたったことないし、ブランクも相当あるんで、怖くてしょうがないです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. reiri_31 2018/04/21 9:59

    病棟&透視室、両方、やってます。正確に言うと、時間外の処置時に透視室の介助もやっているという感じです。

    一回、私も経験があるのですが、イレウス管留置で怖いのは嘔吐です。咽頭から食道を通し、胃、十二指腸、小腸、大腸、大腸の閉塞部までアプローチと、かなり長丁場になるのは致し方ないと思います。手術歴があって癒着してイレウスっていう人も多いので、すんなりカテが進みません。

    ごろごろ動いてもらったりするし、イレウス管の違和感は強いしで、途中で気持ち悪くなる人が大半。うまく嘔吐できればいいのですが、高齢者なんかだと、嘔吐で窒息、誤嚥することがあります。私のときは留置が終わってホッとしていたら、目の前で誤嚥し、呼吸状態が悪化、挿管するという事態になりました。

    早い対処だったので、すぐに抜管でき、落ち着きましたが、誤嚥性肺炎が悪化して亡くなるケースも0ではないですし、やはり、怖いなというところです。くれぐれも嘔吐には注意し、吸引の準備もしておくと安心かもしれません。

  2. yuhi_971 2018/04/21 21:58

    透視室、内視鏡、CT介助など、検査全般、担当しています。
    質問者さんのおっしゃるようにイレウス管は患者さんへの負担が強いのが特徴ですね。
    気分が悪くなることもざらですし、最近では、うちは内視鏡下で行って、より安全、確実な手技で行おうとしていたり、鎮静の仕方も見直したりしています。
    気分不快を防ぐためにも、患者さんの苦痛を取り除くこと。
    鎮静や鎮痛も大事だし、留置中の嘔吐や腸液のカテからの流出で、OUTバランスに傾き、急性脱水を引き起こすことがあるので、輸液管理も気を付けなければいけません。
    誤嚥や窒息と合わせながら、そのあたりにも目を向けていくといいかなって思います。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ