• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

急性期未経験です。手術時の点滴留置部位って決まってるもの?

2か月前、未経験の急性期に飛び込み、慣れない日々を過ごしています。慢性期と比べて、看護師も医師も一つ一つの仕事に厳しさがあるっていうか、私から見て細かいことでもチェックが入るので、続けていけるか正直不安です。

先日も、手術患者さんの点滴留置で手術室Nsと麻酔科医より注意を受けました。その患者さんは前腕の外側に血管が見当たらない方だったので、割と正中よりの内側に留置して出棟しました。出棟後、ちゃんと考えて点滴留置しろと病棟に電話があり、私が怒られました。

どうやら手術時の点滴留置マニュアルがあるようで、右前腕外側となっているようです。それが無理なら、反対の腕の前腕外側、それも無理なら、手背だとなっていました。一体、この根拠は何なんでしょうか?こんなに手術時の点滴留置って細かいものなんですか?そもそも他の病院でも厳格に決めているのですか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. mutuki-213 2018/04/22 22:15

    うちも手術がある病棟で働いていますが、こういうのって麻酔科の先生や手術室のスタッフが代わるとガラって違ったりするので、厳しく見られてるのも、今のスタッフがそういう方だからってのもあるかもしれません。

    一応、私のところも決まっていて、右前腕でできるだけ、外側で下のほう、それが無理なら、手背でいいと言われています。手背を優先するのはおそらく、質問者さんも含め疑問に思われる方が多いかもしれませんが、中枢側で失敗すると、次にそれより下のところから穿刺したときに、同じ血管だと前に失敗したところで漏れる可能性があるからです。

    つまり、先に一番末梢側の手背から留置して失敗しても、次の穿刺に影響を及ぼさないからですね。あとは、単純に手術をしている体幹部よりも遠いほうが手術操作がしやすい、清潔野が確保しやすいといった理由もあるようです。全部、手術室Nsから聞いた話ですけど、役に立てば幸いです。

  2. nahoko-296 2018/04/23 3:29

    手術室と病棟、両方の勤務経験がありますが、どこまで厳密にかというと難しいものの、やはりマニュアル化はしておくべきだと思います。手術室に入ってもらえばわかりますが、手術の器材の準備って結構大変で、右に点滴を入れるか左に入れるかだけでも、準備の位置が変わってくるんです。もし、決まっている側の逆の部位で入れたときは一報連絡をもらえるだけでも助かるはずです。あと、内側は手術に限らず、神経が近いことや痛みが出やすい、血管が脆い傾向にあるため、漏れやすいといった理由が考えられますね。一度、私の同僚が上腕に入れたときがありましたが、めっちゃ怒られてました。上腕だと、腕の屈曲で結構、滴下不良を起こすんですよね。手術時って体位も結構変えたりするし、輸液や薬もたくさん使いますから、一度にたくさんの量を確実に投与しなくちゃいけないので、点滴の留置部位が良いことは大事なことなんです。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ