• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

在宅CVポートの管理指導をすることになりました

内科に勤務する新人看護師です。このたび高齢の受け持ち患者様が在宅へ帰られることになりました。
嚥下状態が悪く、経口からの摂取が難しいため、入院中に左鎖骨下にCVポートを留置いたしました。
わたしの受け持ち患者様でCVポートを留置して在宅に戻られる方は初めてです。
トラブルを回避するため、ご家族様に指導を行いたいと考えているのですが、おさえておかなければならない点はありますでしょうか?

回答へのお礼メッセージ

ご丁寧な回答をありがとうございました。 CVポートを留置した状態で在宅に帰られるの受け持ち患者様はは初めての経験で、先輩方からも「しっかり指導してあげてください」と念を押されています。 自分ひとりで指導しなければいけないと思っていましたが、新人のわたしがひとりで指導することは、患者様やご家族様にとって不利益であることに気づかされました。 もちろん、自分でもしっかり学習していこうと思いますが、先輩方のご意見も聞かせていただこうと思います。 パンフレットは視覚に訴える手段であり、なおかつ自宅に持ち帰って見返すことができるものだと思いましたので、さっそく先輩に相談してみたいと思います。 ありがとうございました。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

この質問への回答は締め切られました

回答

2件の回答

  1. mutu 2012/11/28 16:58

    CVカテーテルに限らず、ルートの屈曲は閉塞につながりますので、まずはルートを屈曲させないことが重要だと思います。
    家族にはルートを屈曲させないよう指導しなければいけないですね。

    どのくらいの頻度で針を刺すのかわかりませんが、針の抜き差しが頻回だと感染のリスクが高まると思います。
    ルート交換や針の抜き差しは訪問看護師さんがされるのでしょうが、発熱などの感染兆候は指導しておくことが大切だと思います。

    注意点や観察点を書いたパンフレットのようなものを作成して、家族に渡すというのはいかがでしょうか?
    作成案を上司や先輩に確認してもらうことを忘れないようにしてくださいね。

  2. fuming 2012/11/27 12:54

    私が関わった患者さまはポート埋め込みから1年以上経過していますが、閉塞などのトラブルは今のところ見られていません。
    閉塞や皮膚トラブル・感染などのカテーテルトラブルがない限り、半永久的に使用可能ですから、これらのトラブルを回避できるよう指導していく必要がありますね。

他の質問を検索する



(※)
全て無料で利用可能!最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!


看護roo!

 
(※関東・関西・東海限定サービス)
JASDAQ上場の株式会社クイックが運営。全て無料で利用可能。96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が・・・続きを読む



ナースフル

 
業界大手リクルート系の無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。TVCMでもおなじみで「土日休み・年収600万円以上」・・・続きを読む



ナース人材バンク

 
上場企業の株式会社エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し、初の転職でも・・・続きを読む



マイナビ看護師

 
厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。利用料は他と同じく全て無料。利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで・・・続きを読む



看護のお仕事

 
転職成功時に「転職お祝い金」が看護師さんに支払われるシステムが人気。コンサルタントはホームページ上に顔写真が掲載されていて人柄や実績・・・続きを読む






一覧ページ 一覧ページ