• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

外来看護でもやりがいを感じられるか?

はじめまして!今年で看護師歴6年目を迎えたマイと申します。
実は私、来年結婚を予定しています。
結婚後も彼氏(旦那)のお給料から考えて、夫婦共働きは必須なのですが、このまま病棟勤務を続けるべきか、外来にうつるべきなのか、悩んでいます。
体力的な面や、生活サイクルなどで考えると、絶対に夜勤がない外来がいいと思います。
でも、外来看護は病棟看護に比べると、「業務>看護」という感じがするんですよね…。
そこで外来看護の経験が少しでもあるという方にご質問です!
ズバリ、外来看護のやりがいとは何ですか?
メリット・デメリットを合わせて教えてください。
よろしくお願いいたします。

回答へのお礼メッセージ

外来のメリット・デメリットについて分かりやすく教えてくださいましてありがとうございました。自分的には、産後復帰するときになってはじめて外来への異動を考えればいいのかな、と今は思っています。ただ実際に主婦になると、子供がいなくても夜勤や残業はきつくなりそうですよね。彼氏と相談しながら、もう一度じっくりと考えます。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

この質問への回答は締め切られました

回答

2件の回答

  1. panda-chan 2012/06/13 17:51

    マイさんこんにちわ!来年、ご結婚されるんですね☆おめでとうございます。今はお仕事と結婚式の準備で、きっと大忙しかな…?

    さて、「外来看護のやりがい」「外来看護のメリット・デメリット」ということですが、15年間外来看護師をしてきた私の経験を以下に並べてみますので、参考にしてみてください。

    メリット

    ①夜勤がない
    ②日勤だけで正社員(もちろんボーナスあり)
    ③子育て中も続けやすい(うちは2人とも院内保育所を利用しました)

    デメリット

    ①お給料が病棟よりも低くなる(今のお給料から夜勤手当を引いてみてください)
    ②意外と残業がある(病棟よりは少しマシかも?!)
    ③患者さんとの関わりが病棟よりは浅くなる
    ④待ち時間などのクレームの対応が大変

    …等です。マイさんのご指摘通り、やはり病棟よりは1人1人の患者さんとの関わりは薄くなります。でも、長期的に外来通院をされているうちに、自然と気心知れてくる方もたくさんいますし、それなりに楽しいですよ。

    マイさんは病棟経験が御有りなので、婦人科外来に異動願を出してみてはいかがですか?顔なじみの患者さんとも接触することが出来るのでは?!

    今後結婚生活や子育ての問題が出てくると、「仕事のやりがい云々」よりも、「経済面・生活面の問題」を優先せざるを得なくなるのが、主婦ですからね(笑)

  2. y988 2012/06/13 11:54

    私には病院の外来経験はないのですが、クリニックでの勤務経験だけならあります。病棟での「こってりした関わり」とは違って、外来ならではの患者さんとの向き合い方もあるということが分かって、非常に勉強になりました。

    外来と病棟、どちらがやりがいのある仕事か。
    それは自分自身で決めることだと思います。目の前にいる患者さんに対して自分が出来ることは何か、どんなことを学びとるのか…。
    外来にいても病棟にいても、流されるままに仕事をしているという人も結構たくさんいるので。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ