• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

看護師なのに患者様の死が怖い

看護師歴6年目ナースです。
看護師なのに、人の死が怖くてたまりません。看護師になって2年目に、救命救急センターへの配属を希望し、異動しました。しかし救命救急センターでは、多くの患者様が亡くなっていく姿に直面。まだ生まれたばかりの小さな赤ちゃんから、同年代であろう若い人たち、そして両親や祖父母と同じくらいの人たちまで、処置の甲斐なく亡くなっていきました。その現実に耐え切れなくなり、1年で病棟勤務に戻りました。
勤務する病棟には整形外科と内科の患者様が入り混じっており、若い人も高齢の人も触れ合う機会が多いところでした。整形外科と内科との混合病棟だったため、比較的みな元気な患者様ばかりで、私の恐れる「死」はあまり関係ないといった雰囲気で、楽しく過ごせていました。ところが、昨年、異動によって内科でも比較的深刻な状況の患者様ばかりを扱う病棟へ配属される事になったのです。
担当する患者様はみな、重病を抱えた方ばかりで、中でも末期がんに侵された患者様のケアはとてもつらいものでした。私には無理だ・・・そう思って、退職願を提出しようと考えているところです。看護師になると決めた時点で、人の死に直面すると言う事はわかっていました。でも、いざ本当にその現場で人の死に直面すると、どうしても耐えられなくなってしまったのです。
私は看護師失格なのかもしれません。でも、看護師の仕事は大好きなんです。なので人の死に直面しないところで働きたいと考えたりしていますが、私は甘いのでしょうか?

回答へのお礼メッセージ

「患者様の死ばかりを意識しすぎていた」という部分に ハッとさせられました。 看護師になった以上、患者様の死を目の当たりにする事も 覚悟の上だったはず・・・ そして、それも含めて看護師になりたいと思ったはずでした。 私は、衝撃的な現実にショックを受けて、 逃げていたのかもしれません。 yurie様の色々な看護の形があるという情報も 大変役に立ちました。 迷いましたが、大きなことに気づかせてくださった jun_jun様をベストアンサーに選ばせていただきました。 皆様、本当にありがとうございました。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

この質問への回答は締め切られました

回答

4件の回答

  1. jun_jun 2012/05/07 11:08

    こんにちは。救命救急センター勤務をしています。まず、救命救急センターは、「今死ぬかもしれない」という状態の患者様が運ばれてくるところです。ですから、残念ながら処置の甲斐なく亡くなってしまう患者様が多数いらっしゃるというのが現実です。一般的に、救命救急センターで亡くなる患者様は全体の40%と言われていますので、約半数は亡くなってしまっていると言う結果になります。しかも、これが日常茶飯事なのも救命救急センターの宿命なのです。そして、その日常に耐え切れず、うつ病になってしまう看護師が多いのも現実なのです。ただ、これは病院や上司の体制の取り方ひとつで改善されていく可能性もある事です。私が以前勤務していたところでは、上司がとにかく看護師一人一人の状況をよく把握し、うつになりそうだなと判断すれば、とにかく休ませるという方法を取っていました。そのためか、多くの看護師はうつ病になることなく過ごして来られたようです。
     また、人の死が怖いというスレ主さんの気持ちは、ごく自然なものだと思います。救命救急センターでの出来事が、きっとトラウマになってしまっているのでしょうね。私にも同じような時期がありました。終末期の患者様を担当した時、その患者様はご自身の病気を「ガンじゃないか」と疑っていたようです。当時はまだ、現在のように病名の告知や余命の宣告などを行ってはいない時代でしたので、その患者様にも告知はしていなかったのです。しかし、不思議なもので、「自分の体の事は自分が一番良くわかる」というように、その患者様も、うすうす「ガン」であると気づいていたのでしょう。とても疑心暗鬼になっていて、だれも信用しないといった雰囲気でした。そんな患者様と病室の扉越しに目があってしまったとき、私はなぜか目をそらしてしまったんです。それからほどなくして、その患者様はお亡くなりになったのですが、今もそのことは後悔してやみません。
     その後、私は緩和ケアに関する研修を受ける事となり、とある病院へ出向きました。そこではその時代には珍しく、病名の告知などが行われており、みな自分の病名や病状を知っていました。そんな中、末期がんに侵された患者様が「もう俺はダメだ・・・」と弱音を吐いている姿に直面しました。すると、担当看護師は「どうしてそう思うのー?」と明るく問いかけているのです。私には衝撃的でした。とても私にはできない、どうしてそんな対応を・・・と、ショックを受けたのです。そして、その事をその病院の主任さんに話してみると、「あなたは、これまで患者様の死を意識しすぎていたのではないか」と言われたのです。頭を殴られたような気持ちでした。そうだ、私は患者様の「死」ばかりを意識して、今ここで必死に生きようとしている患者様を見ていなかったんだ・・・と気づかされたのです。終末期にいる患者様たちの未来には、「死」が待っている事は確かかも知れません。ですが、患者様たちは「死」に向かって歩いているのではなく、「最後まで生きる」ために歩いているんだという事を、私は忘れていたのです。だから、必死に頑張っている患者様たちと向き合う事もできず、逃げていたのです。ターミナルケアの基本は、ここにある。そう気づいて私は変わりました。
     スレ主さんも、きっと患者様の「死」を意識してしまっているのかもしれません。患者様は「死を迎える」のではなく「最後まで生きる」のだと見方を変えてみると、大きな成長が待っているかもしれません。それでももし、人の死がまだ怖いと思うのであれば、人の死に直面しなくて済む環境を見つけるのも良いのかもしれません。

  2. asako 2012/05/07 13:19

    ・甘くなんかありません。
    看護師とて、人の死に慣れてしまってはいけないのです。
    ただ、現実は「その都度悲しんでいたら仕事にならない」と考える看護師が多く、人の死に対する感覚が麻痺してしまっているのも事実でしょう。
    そういう意味では、多くの看護師は「強い」のです。
    幸か不幸か、私も「強い」看護師の一人だったようで、救命救急センターでの勤務は継続する事ができました。
    もちろん、「その都度悲しんでいたら仕事にならない」と思っていたわけではありません。
    私の場合は「これが現実だ」と、それらを受け入れていたからなのでしょう。
    搬送されてくる患者様が亡くなる事は、正直辛かったです。
    ですが、悲しみに浸っている暇すらないのが救命救急センターなのです。
    次々に搬送されてくる患者様の状況をいち早く把握し、適切な処置を取る事ができなければ、また、亡くなる患者様を増やす事になってしまうのです。
    私たち看護師にできる事は、患者様のために持てる知識のすべてを生かし、全力で処置にあたる事ではないでしょうか。
    残念ながら亡くなってしまう患者様も多数いらっしゃいます。
    ですが、奇跡的に一命を取り留める患者様もいらっしゃいます。生命の素晴らしさを実感できる瞬間です。

     人の死が恐ろしいとおっしゃるkoma_skipさんには、もしかすると病院以外の勤務先が適しているのかもしれませんね。
    ですが、例えば老人ホームなどに勤務しても、利用者様が亡くなるという事態に直面する可能性がないとは言い切れません。
    企業や学校、保育園などさまざまな勤務先が看護師にはありますが、どこへ行っても「人の死」に一切かかわらなくて済むという事は、ありえないのではないでしょうか?
    冷たいようですが、私たちは看護師です。
    看護師である以上、人の生命と関わっていく事を避けて通る事はできません。
    どうでしょう?もう一度、患者様の「命」と向き合ってみては?
    きっと、今のこの悩みを乗り越えた時、koma_skipさんは一回りも二回りも大きな成長を遂げ、別人のようになっているのかもしれません。
    看護師を大きく成長させるのは、経験です。
    多くの経験をして、それらすべてを糧にして、素晴らしい看護師になってほしいと思います。

  3. yurie 2012/05/07 15:18

    こんにちは。人の死が怖いという質問者さんの気持ち、よくわかります。でも、看護師ですから人の死に直面するという事も、ある意味仕方ないかもしれません。

    私は大学病院に勤務していた際、患者さんの死に直面する事も経験してきましたが、何度経験しても患者さんの死を仕事として受け入れるという事ができず、配属を変えてもらうなど色々してきました。結局今は企業の看護師として働いていますので、病院勤務時代と比べて「人の死」に関わる事は激減しました。

    とは言え、従業員の方がメンタル面で支障をきたし、自殺してしまうという事も経験してきましたので、人の死に全く無関係だったわけではありません。ただ、病院勤務だった時と今とでは、人の死への関わり方が大きく異なるため、私のような仕事は「人の死が怖い」という看護師さんには向いているかもしれません。

     ちなみに、看護師は病院だけでなく様々な所に活躍の場がありますので、参考までに紹介しておきますね。

    まず、よく知られているのが老人ホームや訪問看護ステーションなどです。これらは施設や利用者さんの自宅へ出向いて体調管理やさまざまな指導・介助・お手伝いなどを行うものです。ヘルパーさんや介護士さんなどと協力して行う事もありますね。

     次に、病児保育室です。これは、病気になってしまった子供たちを預かる施設で、0歳からだいたい小学3~4年生くらいまでの子供が対象となっている事が多いようです。働く母親にとって、子供の病気は本当に辛いものです。仕事を休む事もできないし、でも子供を放っておく事も出来ない・・・板挟みです。こうした状況に対応するためにあるのが病児保育室です。基本的に、保育士と看護師がいなければ運営していく事が許されませんので、看護師が必要となってくるのです。

     そして、離島診療所。その名の通り、離島における診療所での勤務です。ほとんどの場合、医師1名、看護師1名といった程度の人員しか配置されていませんので、業務の範囲は非常に広く、事務的な事までやらなくてはなりません。さらに、同僚など相談相手になりそうな人もいませんので、孤独感はひとしお・・・だそうですよ。でも、やりがいという点では非常に大きなものがあるようです。離島の人々に頼りにされ、自分自身の使命感も大きくなるようです。

     他にも、国際空港における検疫官は、WHOの指定する感染症流行地域から入国する人たちに対し健康状態のチェックを行うなどしています。これは、国内へ感染症を持ち込む事を防ぐために行われるもので、非常に重要な役割を果たしているのです。

    また、世界一周旅行などを行う豪華客船に乗り込んで、乗客や船員たちの健康を見守るシップナース、予防領域を専門的に扱う会社を経営するなど、看護師資格があればできる事はたくさんあります。

     どんな職業を選ぶにしても、「こんなことまで?」と思うような部分は必ずあります。そういう事も全て含めて、自分の進むべき道を選択してみると良いのかもしれませんね。

  4. chika_chika 2012/05/07 17:35

     何年経っても、患者さんの死は辛いものですね。平気になんか、なれません。でも、友人たちは「そんな事言ってたら看護師やってらんないよ」って言ってますね・・・。

     看護師失格とは思いませんよ!ごく普通の、一般的な感情を持った人だと思います。でもね、いつか、恐ろしい「慣れ」が出てきてしまう時が来るのかもしれないですが・・・。

     どうしても人の死を見るのがイヤなら、病院じゃないところで看護師としてやっていくのもいいかもしれないですよね。

他の質問を検索する

条件で選べて人気の看護師求人サイトランキング!ココで自分に合った求人探し!

サービス名 利用料 運営会社 オススメ度 詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む
ナースフル 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む
ベネッセMCM 無料 株式会社ベネッセMCM ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ