• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

扁桃腺炎の看護方法の違いについて

扁桃腺炎の看護について、詳しく知りたいです。また、手術をした場合としない場合の看護の違いも知りたいです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6 人中 5 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. chiruchiru 2015/04/03 15:26

    何度も扁桃腺炎をおこして受診する患者さんは多いですよね。
    習慣化すると学校や仕事に影響します。
    看護師は、症状緩和のための看護が必要となります。

    〈看護のポイント〉
    ・38~40度の発熱がある時は、安静臥床とします。
    解熱しても他の症状が治まるまでは安静保持を守ってもらいます。体動が多いほど炎症が治まらないからです。
    ・嚥下時痛があるので会話は最小限とします。疼痛が酷い時は筆談や絵をかいて会話をしてください。
    患部の安静保持のためです。
    また、室温や湿度にも配慮し口腔から咽喉頭を乾燥させないようにします。
    ・口腔内保清に努めます。炎症を抑えるためと感染予防です。
    普通どおりにうがいや歯磨きをしてもらって構いませんが、刺激のある歯磨き粉は炎症を増大させるので避けるようアドバイスします。
    ・鎮痛剤や抗炎症剤が投与されます。疼痛の有無や程度など、その薬効を観察します。
    また、冷湿布により頸部を冷やしたり、吸入療法を併せて行うことにより鎮痛と消炎に努めてください。
    ・急性期や疼痛が強い時は食事摂取が困難です。輸液で栄養補給するためルート確保するとともに、脱水症状の有無を観察します。
    そして、疼痛の程度に応じて飲水を介助し、刺激の少ない物から順に経口摂取を促していきます。
    誤嚥に注意するとともに、疼痛がある時は無理をしないようにしてください。
    ヨーグルトやプリン、ゼリーやアイスクリーム等は、冷たくて喉ごしもいいので疼痛が強い時でも比較的摂取しやすいですね。

    〈手術前後の看護のポイント〉
    術前
    ・術前検査があることや、当日は絶飲食で術前投薬や持続点滴を行うことを説明し不安除去に努めます。
    当日
    ・術前投薬のため、ふらつきがおこる場合があるので転倒や転落に注意します。
    患者さんにはベッド上臥床を守ってもらいます。
    ・持続点滴を確実に固定します。自己抜去予防のためです。
    点滴は指示通りの速度を保つよう管理します。
    術後
    ・体位は側臥位や腹臥位とします。出血や創部の首長や浮腫のため一時的に呼吸状態が不安定となる場合もあるからです。
    ・点滴の管理-引き続き重要です。自己抜去しないよう固定の確認と、指示通り摘下されているか確認します。
    ・症状観察-出血の有無、呼吸状態、疼痛の有無等を行います。
    ・疼痛管理-特に、手術当日は鎮痛剤を使用し疼痛を軽減します。
    ・食事-疼痛がある時は食前に鎮痛剤や座薬で軽減させます。食後は口腔ケアを忘れず行ってください。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ