• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

大動脈弁閉鎖不全症の看護について詳しく教えてください

大動脈弁閉鎖不全症を発症した患者さんの看護は、とても慎重に行うと先輩が言っていました。その根拠や看護方法が知りたいです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 5 人中 5 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. sama 2015/04/15 18:00

    いちど心不全をおこすと予後不良となりますので、看護師は、自覚症状の観察と手術前後の患者指導が重要となります。

    ①症状観察
    不整脈・息切れ・動悸・狭心痛の有無を確認します。
    強い咳嗽や呼吸困難は心不全の兆候ですので、さらに注意深く観察を行ってください。

    呼吸音も聴取します。心不全時は肺水腫となり水泡音が聴取されます。
    心音聴取も必要ですがかなり難しいので、雑音の有無の確認だけでよいでしょう。

    その他、下記の特徴的な身体症状を観察して下さい。
    ・ミュッセ兆候
     収縮期に、脈拍に伴って頭部が上下に動きます。まるで、うなずいているかのような動作です。
    ・クインケ兆候
     爪床部の毛細血管の拍動が確認されます。
    ・ヒル兆候
     収縮期の大動脈圧(膝窩動脈圧)が上腕動脈圧より60㎜Hg高くなります。

    ②患者指導
    ・内科的治療
     自覚症状が無く心肥大がない場合は内科的治療を行います。
     看護師は、血管拡張剤や利用剤等の薬剤を指示通りに服用するよう指導します。
     また、塩分を制限した食事療法、体重コントロールなどを指導し経過観察します。

    ・外科的治療
     自覚症状があり、心筋障害など機能低下の恐れがある場合は早期に手術を受ける必要があります。
     通常、手術の1週間くらい前から入院し術前検査を受け、術後は3週間から1ヶ月くらいの入院です。
     心臓の手術を受けるということは、患者さんにとって恐怖心がとても強くなります。 術前から術後の流れについて丁寧に説明し、手術に対するストレス軽減に努めます。
     医師からの説明もありますが、看護師は、なお患者さんに疑問点や不安な点はないか確認します。
     
     手術により、おこる可能性のある合併症も多数あり、ICUから一般病棟へ帰った後におこることもあるので、看護師は油断することなく観察を行ってください。
     主な合併症は、脳合併症(梗塞や出血)・肺合併症(肺炎や呼吸不全)、心臓合併症(心不全や心タンポナーゼ)、肝障害などがあります。
     これらの合併症による危険性があるため、術後も2~3週間ほどリハビリと共に検査入院が必要であるのです。
     術後の入院期間が長いと疑問をもつ患者さんもいますので、その根拠を説明できるようしっかり覚えておいてください。

     また、術後は運動制限があります。手術を受けた患者さんは、もともと心肥大と心筋障害をきたしているためです。
     病識をもって治療に専念できるよう、疾患についての説明を予め行うのも看護師の重要な役割です。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ