• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

血友病看護のうち、指導と予防について

血友病患者さんの看護の一つである指導&予防について、おしえてください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. sama 2015/05/01 17:50

    定期補充療法により患者さんの未来が明るくなりました。
    ここでは、小児の白血病看護について、特に出血をおこさないための怪我の予防法と自己注射についての指導法をご説明したいと思います。

    〈乳幼児期〉
    この時期は動きが活発になり、頭蓋内出血や関節内出血、歯肉出血が多くなります。特に、立ちはじめや歩き始めは注意して下さい。
    体のバランスが不安定ですので、わずかなつまずきや尻もちが出血の原因となります。
    生活環境に工夫が必要ですのでアドバイスをします。
    ・床には厚めのカーペットやマットを敷きます。可能ならば端から端まで敷き詰め、足が引っかからないようにします。玄関やトイレ、浴室も転倒時の危険性を考えて敷きます。
    ・段差のあるところや階段の角の部分にも、すべり止めや厚めのマットを敷くことが必要です。

    ・衣類は体に合ったもので、肘や膝などアップリケをつけて厚みをつけてください。また、硬い装飾品が付いた服は、転倒時怪我の原因となりますので避けます。
    ・靴下は履かせず裸足の方が転倒予防になります。
    ・靴は、クッション性のあるものでハイカットの方が足関節保護になります。足関節にはサポーターを装着すればさらに保護できます。これは、主に関節内出血予防のためです。

    また、3~4歳ごろになると保護者に定期補充療法の家庭注射の指導を行います。
    母親だけ、あるいは父親だけではなく、保護者共に指導をします。
    可能であれば祖父母にも指導を行います。仕事や病気で保護者が注射を実施できない時に代わりを務められるからです。
    自己注射は継続してこそ、その効果を発揮します。父親のみ、母親のみに負担がかからないような方法で指導を行ってください。

    〈学童期〉
    保護者は、体育の授業や学校行事にどこまで参加させて良いのか戸惑います。
    この時期は、血尿や鼻出血、腸腰筋出血も多くおこります。
    基本的には医師と相談して決めますが、看護師は、定期補充療法が行われているかどうかの確認は必ず行ってください。
    これが実施されているかどうかが基本となるからです。
    10歳ぐらいになると教育入院で自己注射法を指導します。
    早く退院したいために、即マスターする患児が多いですが、忘れずに実施することを念を押して指導してください。

    また、スポーツをあきらめて落ち込んでいる患児には積極的に励ましてあげて下さい。
    定期補充療法をきちんと行えば、出血回数を減らすことが可能となり、選択できるスポーツが増えるからです。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ